人生にゲームをプラスするメディア

【プレビュー】鋼鉄帝国 from HOT・B(GBA)

傑作映画「鋼鉄帝国 〜STEEL EMPIRE〜」を見た評論家、淺川 建治氏はこう書き記している。

任天堂 GBA

傑作映画「鋼鉄帝国 〜STEEL EMPIRE〜」を見た評論家、淺川 建治氏はこう書き記している。









実際、十数年ぶりに倉庫の奥に眠るフィルムを目にした我々、HOT・B フィルムの現スタッフは興奮のあまり、数日眠れなかったほどである。しかし、いくら不出の傑作とは言え、倉庫に十数年も眠っていたのである。フィルムの劣化はひどく、一部では見ることすら難しい部分もあった。「この傑作をこのままにしておく訳にはいかない!!!!!!!!!!!!」我々は同時に見つかった未編集のフィルムを使い再編集し、色あせた部分や劣化のひどい部分はデジタル処理を施し、入念な修復を行った。スタッフ達の昼夜を問わぬ努力の結果、「鋼鉄帝国」は以前と同様の、いや、それ以上の輝きを放ち始めたのである。我々は、完成した新しき傑作に、オリジナルの製作スタッフ達に最大の敬意を表し、「鋼鉄帝国 from HOT・B」と名づけ再び発表するにいったのである。


小説「STEEL EMPIRE」は1815年にドイツの作家カール・ハインツ・シュティヒによって書かれたドイツ文学史上に燦然と輝く不朽の名作です。そしてこの小説を題材にしたのがメガドライブ『鋼鉄帝国〜STEEL EMPIRE〜』であり、本作『鋼鉄帝国 form HOT・B』です。『鋼鉄帝国〜STEEL EMPIRE〜』は「STEEL EMPIRE」を映像化したもので、『鋼鉄帝国 form HOT・B』は前作を再編集しデジタル処理を加えたディレクターズカット版です。













鳥形戦闘機 エトピリカ

全長20.25ft.・全翼26.2ft


小型戦闘艇 ゼッペロン

全長29.55ft.・全幅14.26ft

人類の運命が懸かっていた。溶鉱炉とボイラーがくすぶる中、有能な開発者達が遂に完成させたのが、開発ナンバー012x素粒子吸収発雷爆弾「イマミオサンダー」です。時は18XX年、軍事国家モーターヘッド帝国は、独裁者サウロンの政権掌握と共に、次々と周辺諸国を侵略し、「鉄の指導を人類に!」と唱え、世界の大半が彼らの手に落ちようとしていました。サウロンの野望によって人類の滅亡さえも予感させたその時、「南西の雄、シルバーヘッドここにあり!」と悪の帝国に鉄槌を下すためにシルバーヘッド共和国が遂に立ち上がります。希望の光「イマミオサンダー」い抱き、最新鋭機エトピリカ、ゼッペロンが飛び立ちます。



初代『鋼鉄帝国〜STEEL EMPIRE〜』は現在中古市場で1〜3万円の高値で取引されている今でも根強い人気のシューティングゲームです。1つの理由は19世紀から20世紀初頭の空想科学未来小説を思わせるようないわゆる「スチームパンク」な世界観です。石炭を動力とする古めかしい動力機関へのノストラジーと発想の新鮮さが大きな魅力です。もう1つ絶妙なゲームバランスも魅力です。レベルアップシステムとオプションでレベル選択が可能なため、初心者からコアゲーマーまで楽しめるのも理由です。



前述したようにこのゲームにはRPGのようなパワーアップシステムを採用しています。敵を倒すことによって得る経験値を貯めて20段階でレベルを上げることが出来ます。時機がパワーアップするため前向きにプレーが出来、ミスをしても1レベル下がるだけなので、たとえシューティングゲームが苦手の方でも、十分に楽しむことができます。



細部まで書き込まれたグラフィックも特長の1つです。19世紀の人たちが思い描いた来るべき輝かしい未来のが詰まった「STEEL
EMPIRE」ですから、グラフィックは大きな要素となります。『鋼鉄帝国 form HOT・B』では再編集しデジタル処理が加えられているため、前作よりも更に質の高い映像が実現されています。更に世界観を際立たせるサウンドも見逃せません。



ゲームはステージクリア型の横スクロールシューティングゲームです。まず、「エトピリカ」か「ゼッペロン」の2機から1機を選んで飛び立ちます。ステージは全部で7ステージで、各ステージのボス機を倒すとクリアで、ステージ7のボスを倒すとゲームクリアです。敵の攻撃や障害物に当たるとダメージを受け、ゼロになると残機が減ります。最高20レベルまでのレベル制でEXPというメダルを落とす敵が居るのでそれを倒し3つ集めると1レベル上がります。レベルが上がるとライフや自機ショットの最大値が増えます。



※このゲームの設定は全てフィクションであり、小説「STEEL EMPRE」は実在しません。

《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

    『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  4. 『スプラトゥーン2』次回フェス「トリック vs トリート」はハロウィン仕様! テンタクルズやステージもお祭り気分─特別な仮装ギアもプレゼント

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 「Let’s Go! ピカ・ブイカフェ」が全国5カ所にオープン!可愛すぎて食べられないかも…

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る