人生にゲームをプラスするメディア

BBCで放映された任天堂ドキュメンタリーの概要

BBC3で放映された任天堂のドキュメンタリーのキャプチャーがGaming Ageに張られていたのですが今確認すると消えてました。なのでちょっと概要だけ紹介します。長いのでてんかんの部分は省略しました。しかし気合の入った番組です。あとは山内氏さえ出ればオールスターといった感じです。「山内溥の謎に迫れ!」みたいな作りなんですけどね。

ゲームビジネス その他
BBC3で放映された任天堂のドキュメンタリーのキャプチャーがGaming Ageに張られていたのですが今確認すると消えてました。なのでちょっと概要だけ紹介します。長いのでてんかんの部分は省略しました。しかし気合の入った番組です。あとは山内氏さえ出ればオールスターといった感じです。「山内溥の謎に迫れ!」みたいな作りなんですけどね。

番組はレポーターが任天堂の秘密を探りに日本や米国などのを回るという内容です。最初は日本を訪れて昔任天堂がタクシー会社やラブホテルを経営していた事にも触れられます。ラブテスターを持って待ち行く人に試している場面もありました。案内役としてヘンク・ロジャースや任天堂に関する書籍を幾つか書いている高橋健二氏も登場しています。

任天堂本社では宮本氏も少しだけ登場しています。山内は「スポンサーのように感じることがある。独立するとそのへんが、、、」と話しています。

米国に移ると「ゲームオーバー」の著者のDaved Sheffが案内役をしています。そして任天堂オブアメリカが最初に『ドンキーコング』を設置した店も紹介されます。

任天堂オブアメリカの本社では前副社長で現在はマリナーズのCEOのハワード・リンカーンがインタビューに登場します。独禁法で長い長い裁判をやった事にも触れられ、当時の議員が議会で任天堂を批判しているような映像も紹介されます。

マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドではオーナーの特等席(?)に山内溥の肖像画とコメントが飾られているそうです。「セーフコフィールドが全ての世代の集まる家となることを希望する」というような事が書かれているようです。

ハワイの荒川夫妻のマンションにも訪れています。荒川氏は山内氏の事を「ビジネスビジネスビジネスの人。ハワイに何度も招待したけれどビジネスでなければ行かないと断られた」と話しています。妻の陽子さんは「結婚する相手じゃないね」と言ってました(笑)。

最後は京都の任天堂本社に訪れます。白亜の城とは良く言ったもので輝いている感じさえ受けます。本社では山内氏のオフィスの前まで行きますが、出社してないという事で宮本氏のインタビューがあります。

山内氏との関係は「山内さんにとってね僕というのは同僚とかライバルとかの年代じゃなくて子供の年代なんですね。だから僕は山内さんの子供の世代として受け入れてくれる、好きなことをやらせてくれる。非常に良いスポンサー」、サラリマーんを続けている事については「僕は楽しんでますからね。ビジネスだと、沢山のお金を使って、全部自分でやらなきゃいけない。仕事に集中できるところで仕事をする、最高の所だと僕は思ってます」と話しています。

「私がやっている頃は任天堂は小さい会社でした。でも今は大きな会社です。これからも成長していくためにはファミリー企業ではいけない」と最後に荒川氏はコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  5. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  6. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  7. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  8. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  9. 待たれるクロスバイの拡大、ゲームをより楽しむための環境整備への道のりの現状を探る

  10. 川口博史、崎元仁、土屋昇平ら著名コンポーザーが日本のゲーム音楽を振り返る―黒川塾(二十弐)

アクセスランキングをもっと見る