人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、2004年3月期連結決算見通しを下方修正

ゲームビジネス その他

任天堂は1日、2004年3月期連結決算見通しを下方修正すると発表しました。それによると、連結売上高は、5100億円と従来予想通りでしたが、連結純利益は500億円、当期利益は330億円と、1月29日に発表した経常利益850億円、当期利益540億円をそれぞれ下方修正しています。

修正の理由として、為替レートが想定より円高に推進し、為替損益が前回の予想より380億円増の680億円となったことをあげています。

《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  2. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  3. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

    京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  4. シンガポールが新しいゲームレーティング制度を導入

  5. 合法的に落書き!VRグラフィティシム『Graffiti Simulator』プレイ映像

  6. ゲーム業界をめざす学生は何を持ち帰ったか?学生向け業界研究セミナーレポート

  7. 【GTMF2013】過去のC++資産も有効活用、クロスプラットフォームに長けたゲームエンジン「Marmalade」

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る