人生にゲームをプラスするメディア

『星のカービィ 鏡の大迷宮』は元SNKスタッフが中心に開発

ファミ通に掲載されている桜井政博氏のコラム「桜井政博のゲームについて思うこと」によれば『星のカービィ 鏡の大迷宮』は既報の通り、フラグシップが開発していて、それは元SNKのスタッフが中心になっているそうです。更にディレクターは『サムライスピリッツ』などを手がけた重鎮だそうです。

任天堂 GBA
ファミ通に掲載されている桜井政博氏のコラム「桜井政博のゲームについて思うこと」によれば『星のカービィ 鏡の大迷宮』は既報の通り、フラグシップが開発していて、それは元SNKのスタッフが中心になっているそうです。更にディレクターは『サムライスピリッツ』などを手がけた重鎮だそうです。

フラグシップが開発する事になったのは、シナリオ専門集団・フラグシップが開発チームを持とうとしていたのが始まりで、桜井氏と元カプコン・岡本氏が話し合ってHAL研究所とコラボレーションをすることになったそうです。

グラフィックなどのリソースは渡して、実際のソースコードは0から書き始めたそうです。その後、桜井氏も岡本氏もそれぞれの会社を辞めましたが、桜井氏は開発に関わっているそうです。しかし、辞めた事はプロジェクトの大きな障害になったので、ある契約をHALと結んだそうです。この話は次回とのこと。

少し発売は延びてしまいましたが、発売が楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  2. 『あつまれ どうぶつの森』移住費用5000マイル支払いに役立つ!序盤でもパパっと終わるたぬきマイレージ8選

    『あつまれ どうぶつの森』移住費用5000マイル支払いに役立つ!序盤でもパパっと終わるたぬきマイレージ8選

  3. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

    『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  4. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

  5. 『あつまれ どうぶつの森』3月までの限定レア魚「イトウ」にチャレンジ!“まきエサ”100個で幻の魚は釣れるか!? 

  6. 『あつまれ どうぶつの森』をはじめるにはどのスイッチを買えばいいの? パッケージ版・DL版それぞれのメリットや必要グッズなどをひとまとめ

  7. 話題のテレワークって『あつまれ どうぶつの森』でも出来るんじゃない?編集部が実験して見えてきたメリット&デメリット

  8. 『あつまれ どうぶつの森』岩叩きから“ベルのなる木”までコイツにおまかせ!多彩な用途を誇る「スコップ」活用法7選

  9. 『あつまれ どうぶつの森』DIYレシピはどうやって手に入れるの? 初心者は要チェックな9つの方法

  10. 『あつまれ どうぶつの森』シリーズ初心者必見!空飛ぶ風船や蜂・タランチュラの対処方法は?8つの細かな疑問にお答え

アクセスランキングをもっと見る