人生にゲームをプラスするメディア

任天堂はなぜレア社株を売却したのか

ゲームビジネス その他

IGNcubeのN-Queryで、読者の「任天堂はなぜレア社を売却したのか」の質問に対して、Matt氏は次のように答えています。

「任天堂がなぜレア社株を売却したのか、この先も我々が本当の理由を知ることはないと思います。しかし、過去数年間に私が耳にしてきた事を整理してみると、両社の間には何らかの不和があったのは確かだと思います。その最もらしき理由として、レア社は任天堂が定めたゲーム開発期限をことごとく破ってきた例が上げられます。最終的に、任天堂は株を売却して得られる利益を、違った形でゲームキューブに使おうと判断したのだと思います(もちろん、それがどのような形で使われるのかは、今も我々全てが待っていますが)。」

また、Matt氏はレア社について「株売却の前後に多くの優秀なメンバーがレア社を去った事、『パーフェクトダーク ゼロ』については、2004年もしくは2005年まで遅れるだろうと数年前に書き周りに叩かれたが、現状を見ればそれは明らかで、Xboxの後継機で発売されるという噂が本当なら、さらに遅れる可能性がる」とも語っています。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  2. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

    【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  3. ソーシャルカードゲームでも本格的なTCGを!『サムライソウル』のこだわりとは

    ソーシャルカードゲームでも本格的なTCGを!『サムライソウル』のこだわりとは

  4. 誰でも楽しくVRで"鬼ごっこ"体験!ゼロディブが開発した『みんなde鬼ごっこ!』を遊んできた

  5. VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

  6. 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記

  9. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  10. PSVitaで手に汗握るアクションが実現・・・『忍道2 散華』

アクセスランキングをもっと見る