人生にゲームをプラスするメディア

CESAが「2004CESAキッズ調査報告書」を刊行

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)が「キッズ市場の変化」と「キッズの親の意識」を柱にした報告書「2004CESAキッズ調査報告書」を刊行しました。CESAは毎年ゲーム白書を刊行していて、同時に「シニア調査報告書」や「レディース調査報告書」も刊行しています。

ゲームビジネス その他
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)が「キッズ市場の変化」と「キッズの親の意識」を柱にした報告書「2004CESAキッズ調査報告書」を刊行しました。CESAは毎年ゲーム白書を刊行していて、同時に「シニア調査報告書」や「レディース調査報告書」も刊行しています。

「キッズ調査報告書」はキッズの遊びのトレンドが変化する「3年サイクル」を柱にして98、2001年に刊行されていて、今回が三回目となります。今回は従来の「キッズと遊び」に関する調査のほか、「キッズのライフスタイル」及び「キッズの親の意識」が調査されていて、更にこれまでの調査資料を時系列に見ることができます。

・キッズのテレビゲーム参加率、「男・女」「小学校低学年・高学年」共に減少傾向に。
・キッズのゲーム非プレイ理由、1位が「ゲーム機をもっていない」。2位に「他の遊びのほうがおもしろい」。
・キッズのインターネット経験率は全体で52.4%に。小学校高学年では、男子が78.8%、女子は84.0%といずれも高い経験率に。
・キッズの携帯電話保有率は全体で7.2%に。「女子小学校高学年」では27.2%と高い保有率に。
・キッズの親のゲーム経験率は91.1%。一方現継続者は19.7%に。
・子供にゲームをさせることの賛否、「賛成派」は30.2%。一方「反対派」は69.6%に。「子供にゲームをさせることのメリット」の1位は「節度をもってやれば害のない、楽しい遊びであると思う」、「子供にゲームをさせることのデメリット」の1位は「子供の身体面への悪影響(肩こり・目の疲れなど)」。
・キッズの生活時間を各行動別に分析。
・キッズにゆかりのある3名より戴いた寄稿文を掲載。

「2004CESAキッズ調査報告書」はCESAの通販、全国の政府刊行物サービス・センター、書籍通販サイト「専門書の杜」(http://www.senmonsho.ne.jp/)、有名書店などで入手可能です。価格は5,250円とちょっと(かなり?)高いです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年5月16日-22日

    週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年5月16日-22日

  3. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

    CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  4. 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福

  5. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターワールド:アイスボーン』『FINAL FANTASY VIII Remastered』『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』他

  6. 今週発売の新作ゲーム『キングダムカム・デリバランス』『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』『プロ野球スピリッツ2019』他

  7. 今週発売の新作ゲーム『ボーダーランズ3』『Gears 5』『DAEMON X MACHINA』『eFootball ウイニングイレブン 2020』他

  8. 今週発売の新作ゲーム『ファイアーエムブレム 風花雪月』『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』『東京2020オリンピック The Official Video Game』他

  9. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  10. 今週発売の新作ゲーム『ゼルダの伝説 夢をみる島』『二ノ国 白き聖灰の女王 REMASTERED』『Nintendo Switch Lite』『メガドライブ ミニ』他

アクセスランキングをもっと見る