人生にゲームをプラスするメディア

ビデオゲームにもFBIの著作権警告が入るように?

ゲームビジネス その他

ロイター通信によれば、FBIとCD・DVD・ビデオゲームを扱う業界団体のMotion Picture Association of America、the Recording Industry Association of America、the Entertainment Software Associationは協議を行い、将来的に各作品にFBIの無許可の複製を警告する文章を入れる事で合意したそうです。

それによれば「著作権で保護された作品の無許可の複製・販売は法律で禁じられています。金銭の受け渡しに関係なく、著作権侵害はFBIによって捜査され、5年以内の懲役もしくは25万ドル以下の罰金に処せられます」という文章になるとのこと。ゲームの場合はタイトルの前に入る事になると思われます。

現在のところ、開始される時期などは決まっていないようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

    【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

  3. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

    アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  4. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  7. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  8. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 「売れるスマホゲームの鍵は?」『消滅都市』『ジョーカー』『ドラゴンファング』のクリエイターが語る

アクセスランキングをもっと見る