人生にゲームをプラスするメディア

ナムコ第3四半期業績 業務用機器と海外市場が絶好調

ナムコは12日、第3四半期の連結業績を発表しました。売上高が1346億4900万円、経常利益が138億6000万円、そして第3四半期の純利益は66億1700万円でした。特にこの第3四半期(10月〜12月末)は日本国内、海外ともに業務用機器の販売が非常に好調だったということです。

ゲームビジネス その他
ナムコは12日、第3四半期の連結業績を発表しました。売上高が1346億4900万円、経常利益が138億6000万円、そして第3四半期の純利益は66億1700万円でした。特にこの第3四半期(10月〜12月末)は日本国内、海外ともに業務用機器の販売が非常に好調だったということです。

業務用タイトルでは日本国内で『ドラゴンクロニクル』が計画を上回り、『太鼓の達人5』も順調に推移。海外では『タイムクライシス3』や『ミズパックマン/ギャラガ』のリピートが好調でした。家庭用ソフトでは日本国内で185万本を達成したPS2用ソフト『太鼓の達人』と、ナムコが開発、任天堂から発売されたGC用ソフト『ドンキーコンガ』が好評でした。海外では依然として好調な『ソウルキャリバーII』のほか、北米で『Kill.switch』、欧州で『タイムクライシス3』などが堅調に推移しました。

マルチプラットフォームで発売した『R:Racing Evolution』とGC用ソフト『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』が不調でしたが、好調な海外市場がこれらを補った形になっています。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  4. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  5. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  8. 【CEDEC 2014】『ワンピース』を支える「JETエンジン」、ガンバリオンは何故ゲームエンジンを内製するのか?

  9. ソーシャルゲームの作り方のキモを開発者がレポート~mixiアプリ『サッカー★魂!』の実例

  10. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

アクセスランキングをもっと見る