人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス第3四半期業績  鋼の錬金術師が好調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックスは29日、2004年3月期の第3四半期の連結業績を発表しました。売上高は210億円で、2003年4月〜12月の売上高は407億円でした。9ヵ月間の実績は営業利益が99億円、純利益が53億円となっています。

各事業がほぼ計画どおりに推移し、とくに出版事業は『鋼の錬金術師』のヒットで好調でした。またオンラインゲーム事業も予測どおりの伸びを見せているようです。

2004年3月期の通期見通しは変更されていません。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  5. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  6. 「モーションポートレート」で表情豊かに・・・コンパイルハート『アガレスト戦記ZERO』インタビュー

  7. 『Project Awakening』発売日や開発チームは?現時点の情報まとめ

  8. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

アクセスランキングをもっと見る