人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス第3四半期業績  鋼の錬金術師が好調

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックスは29日、2004年3月期の第3四半期の連結業績を発表しました。売上高は210億円で、2003年4月〜12月の売上高は407億円でした。9ヵ月間の実績は営業利益が99億円、純利益が53億円となっています。

各事業がほぼ計画どおりに推移し、とくに出版事業は『鋼の錬金術師』のヒットで好調でした。またオンラインゲーム事業も予測どおりの伸びを見せているようです。

2004年3月期の通期見通しは変更されていません。
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  5. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  6. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第5回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  7. 爆乳プロデューサーによる新展開か?高木Pが何かの主題歌をこっそり一部公開

  8. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  9. 未来のクリエイターを創造するイベント「G@Ken」1月24日開催―登壇者には稲船敬二氏も

  10. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

アクセスランキングをもっと見る