人生にゲームをプラスするメディア

マリオカート快適ネット対戦は近い? WarpPipeプレイレポート

GameCubeAdvancedにて、トンネリングツールのワープパイプ(warp pipe)を使ったGC『マリオカートダブルダッシュ!!』のインターネット対戦のレポートが掲載されています。

任天堂 GC
GameCubeAdvancedにて、トンネリングツールのワープパイプ(warp pipe)を使ったGC『マリオカートダブルダッシュ!!』のインターネット対戦のレポートが掲載されています。

対戦を行ったのは、ワープパイププロジェクトのディレクターとデベロッパーのChad Paulson氏とTushar Singh氏。Chad Paulson氏はインディアナ州ブルーミントンでアップロードスピードは256kbps、Tushar Singh氏はカナダのウォータールーでアップスピードは115kbpsという環境での、ネットを介した1on1の対戦です。

結果は、対戦全体で40fps〜50fpsを維持してプレイすることができたそうです。マリオカートは60fpsなので、約0.7倍ほどのゲームスピードを維持できたことになります。

Chad Paulson氏は、こう語っています。「興奮することに、家庭のDSLやケーブルで40-50fpsぐらいのを維持することができるベータプロダクトのリリースは近いでしょう。ベータリリースでも、まだアルファリリースのような機能的制限あるでしょうが、2004年の早いうちには完全なヴァージョン1.0をリリースしたいと思っています。1.0では、直感的なインスタントメッセンジャーと同じようなインターフェイスで、コンタクトリストやチャット、そして対戦相手をすぐ見つへることができる、といったようなことができるようになるでしょう」

レポートには、ネット対戦の様子の動画もアップされています。

同じ大陸とはいえ、国境を越えるぐらいの遠距離で60fpsにちかいゲームスピードを維持できる、ということで十分の実用性のあるものにまでできていることがわかります。ネット上のまだ見ぬ人と、2人、あるいは3人、4人でネット対戦ができるようになるのも近いのかも、と考えるとわくわくしますね。
《OKOK》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

    「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 「ファミリーコンピュータ コントローラー」発表! Nintendo Switch Onlineのファミコンゲーム専用

  8. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  9. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  10. 「Nintendo Switch Online」利用権は、マイニンテンドーゴールドポイントでも購入可能─ソフトを買ってお得にオンラインプレイ!

アクセスランキングをもっと見る