人生にゲームをプラスするメディア

神遊機(iQue Player)の新着画像&情報【追記有】

米ゲームスポットにて神遊機(iQue Player)の新たな画像が公開されていま

ゲームビジネス その他
米ゲームスポットにて神遊機(iQue Player)の新たな画像が公開されていま







香港のゲーム販売業者力生のサイトに掲載された情報として伝えています。それによると、同梱される64MBのフラッシュメモリーにはフルバージョンの『ドクターマリオ』、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の10時間デモ、『スーパーマリオ64』の7時間デモ、そして『ウェーブレース64』と『スターフォックス64』のそれぞれ1時間デモ、などが収められているということです。

神遊機にはソニーのPSXと同じような「ナノテク」が使われているということで、任天堂は「この技術を使った世界初のゲーミングディバイスになるだろう」、と話しているそうです。

発売はクリスマス頃になるのではということです。その一方で、Bloombergによると、任天堂の森仁洋専務は、10月中に中国で発売する予定だった神遊機について「準備に万全を期した」ため遅れていると説明しました。そのうえで「今月中には発売をスタートする」との見通しを明らかにしました。

今後も新しい情報が入り次第お伝えしていきます。

《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

    【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  3. 【プレイレビュー】もう一つの指輪物語『ウォー・イン・ザ・ノース: ロード・オブ・ザ・リング』

    【プレイレビュー】もう一つの指輪物語『ウォー・イン・ザ・ノース: ロード・オブ・ザ・リング』

  4. セガサミーHD、平成27年3月期決算を発表 ― スマホゲームが好調も当期純損失、経営再編で次期挽回へ

  5. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  6. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  9. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

  10. アンリアル・エンジン4注目の新機能「ブループリント」のご紹介・・・「Unreal Japan News」第64回

アクセスランキングをもっと見る