人生にゲームをプラスするメディア

対日本について―『メダルオブオナー』インタビュー

任天堂 GC

『メダルオブオナー ライジングサン』のシニア・プロデューサーのTarrnie Williams氏へのインタビューがIGNに掲載されています。前作はPS2で発売されて評価を受け、今回も期待されていますが、何しろ対日本という事で微妙な反応もありそうな作品です。インタビューでもその点について触れられています。

まず、対日本を描くことについて、

「前作はナチスとの戦いを描いたもので、現代のドイツ人も含めて多くの人は彼らを憎んでいます。その意味で難しくありませんでした。しかし太平洋で日本と戦うことは新しい挑戦でした。彼らは米国の偉大な友人です。しかしながら、歴史を丹念に紐解くと2つの事をテーマにする事が出来ると分かりました。1つは、常に戦争というのは一部の政府や軍の人間によって引き起こされると言うことです。もう1つは苦悩した日系アメリカ人の存在です。私達がプレイヤーに伝えたいのは、日本の権力構造に立ち向かった人間が居て、そして普通の兵士というのは何も知らない人たちだったということです」

そして日本のゲーマーの反応が気にならないかという事については、

「東京ゲームショウでの反応が1つの指針になるのではないかと思います。殆どの人は日本が敵でも、彼らが戦争と言う矛盾の中で重要な役割を果たした事を理解してくれたと思います。しかし一部の特に高い世代の人は原を立てていました。私はこれが避けられないと思います。前作でも恐らく一部の人は反発したのではないかと思います。私はもっと若い世代の人に対して、既に直接関わった経験の無い戦争に対して感情的ではない理解を得るきっかけになればと思っています。既にメダルオブオナーシリーズがWWIIを更にもっと知るきっかけになったという人を何人も知っています」

としています。Williams氏は最後に「ゲームを遊び終えた人がもっと第二次大戦や太平洋戦争について知りたくなってくれれば嬉しい。更に親あるいは祖父母から話を聞くまでになってくれればもっと満足です」と話しています。

(訳すのに緊張したのは久しぶりです)
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  5. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  6. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」を発表―スイッチ/3DSで最も人気があったタイトルは?

アクセスランキングをもっと見る