人生にゲームをプラスするメディア

対日本について―『メダルオブオナー』インタビュー

任天堂 GC

『メダルオブオナー ライジングサン』のシニア・プロデューサーのTarrnie Williams氏へのインタビューがIGNに掲載されています。前作はPS2で発売されて評価を受け、今回も期待されていますが、何しろ対日本という事で微妙な反応もありそうな作品です。インタビューでもその点について触れられています。

まず、対日本を描くことについて、

「前作はナチスとの戦いを描いたもので、現代のドイツ人も含めて多くの人は彼らを憎んでいます。その意味で難しくありませんでした。しかし太平洋で日本と戦うことは新しい挑戦でした。彼らは米国の偉大な友人です。しかしながら、歴史を丹念に紐解くと2つの事をテーマにする事が出来ると分かりました。1つは、常に戦争というのは一部の政府や軍の人間によって引き起こされると言うことです。もう1つは苦悩した日系アメリカ人の存在です。私達がプレイヤーに伝えたいのは、日本の権力構造に立ち向かった人間が居て、そして普通の兵士というのは何も知らない人たちだったということです」

そして日本のゲーマーの反応が気にならないかという事については、

「東京ゲームショウでの反応が1つの指針になるのではないかと思います。殆どの人は日本が敵でも、彼らが戦争と言う矛盾の中で重要な役割を果たした事を理解してくれたと思います。しかし一部の特に高い世代の人は原を立てていました。私はこれが避けられないと思います。前作でも恐らく一部の人は反発したのではないかと思います。私はもっと若い世代の人に対して、既に直接関わった経験の無い戦争に対して感情的ではない理解を得るきっかけになればと思っています。既にメダルオブオナーシリーズがWWIIを更にもっと知るきっかけになったという人を何人も知っています」

としています。Williams氏は最後に「ゲームを遊び終えた人がもっと第二次大戦や太平洋戦争について知りたくなってくれれば嬉しい。更に親あるいは祖父母から話を聞くまでになってくれればもっと満足です」と話しています。

(訳すのに緊張したのは久しぶりです)
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

アクセスランキングをもっと見る