人生にゲームをプラスするメディア

欧州任天堂とバベル・メディアが関係継続を確認

ゲームビジネス その他

任天堂オブヨーロッパとバベル・メディアは強力なリレーションシップを今後とも継続する事を確認しました。

バベル・メディアはビデオゲームに精通したウェブメディア会社で、クライアントには任天堂・マイクロソフト・アタリ・アクティビジョン・ソニーなどがあります。任天堂とはNOEの英語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語のマルチリンガルのサイト構築を行ってる他、VIP 24:7ービス向けに多数のサービスを提供しています。

欧州のユーザーは任天堂商品を購入してサイトで登録を行うとVIPユーザーになる事が可能で、そこでは多数のダウンロード可能なFlashゲームなどが提供されます。このFlashゲームを作成しているのもバベル・メディアで、任天堂ゲームのエッセンスを生かした物を多数開発しています。

任天堂オブヨーロッパのプロダクト・アナライシス&オンラインのヘッドのMarko Hein氏は「ゲームサイトやVIPサービスの提供はゲームを深く理解するクライアントの存在が不可欠でした。バベル・メディアとの長い協力関係は私達に任天堂ファンのニーズやクリエイティブな提供物の必要性を理解するクライアントの必要性を確信させました」とコメントしています。

「任天堂からの提案はクリエイティブチームなら何処でも夢見るようなものでした。私達は任天堂からの全面的な支援を受けて自由にアイデアやコンセプトを実現できました。その結果私達の製作したオンラインアイテムは高品質で任天堂ユーザーが満足する物に仕上がりました」とバベル・ディアのPaul Munford氏はコメントしています。

バベル・メディアはNew Media Ages Top 100 Interactive Agencies Guide 2003で30位、サンデータイムスのARM Tech Track 100で81位にランクされるなど注目されている企業だそうです。



この絵には特に意味は無いのではないかと思われます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【GDC 2014】懐かしの雰囲気を漂わす横スクロール2DアクションRPG『ローグ・レガシー』はこうして作られた

  6. 世界が終わらない限り「Unity」はなくならない・・・Unite Japan基調講演

  7. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  8. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  9. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  10. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

アクセスランキングをもっと見る