人生にゲームをプラスするメディア

コナミ『ミュータント・タートルズ』インタビュー

任天堂 GC

GameCube Advancedにてコナミの『ミュータント・タートルズ』に関してプロダクトマネージャーのErica Mason氏へのインタビューが掲載されています。ここではかいつまんで簡単に紹介します。

北米では先日発売されたばかりのこのゲームですが、開発が始まったのは復活アニメシリーズが始まる一年以上前だとのこと。相当前から開発がされていた事が分かります。

同氏は今作について「タートルズが次世代機に登場したのは初めてのこと。でもゲームプレイは以前からのスタイルを引き継いでいて、昔のゲームのファンにも楽しめる。グラフィックは大きく変わったけどね」と話しています。更に「以前のゲームに関わったメンバーもアドバイザーとして参加して、何故成功したのか、という事を研究した。そして以前のゲームの楽しさの基礎の上に新しさを作り上げた」としています。

GBA版も登場しますが、GBAとの特別な連動は用意されてないそうです。ただし「GBA版で全ての水晶を集めると、GC版でも使える特別なパスワードが手に入る」とのこと。

ゲーム中ではアニメの声優の声がそのまま使用されるほか、ステージの最初と最後にはカットシーンが挿入されるそうです。その中にはアニメからの物も含まれるとか。カットシーンと言ってもゲーム中でもアニメと同じトゥーンシェイドのグラフィックですから違和感はありません。

最後にMason氏は「このゲームはゲームキューブでも大きな成功を収めると思う。ゲームキューブファンにぴったりのゲームです。任天堂ファンにゲームを届ける事が出来てとても幸せです」とコメントしています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

    【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

    任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

  4. 【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  6. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  7. 『閃乱カグラ』新作発表会が8月1日(パイの日)に開催!ゲストに叶美香、『シノビリフレ』最新情報も

  8. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  9. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る