人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が今年獲得した賞の数々

ゲームビジネス その他

任天堂は今年任天堂が獲得した賞の一覧を公表しました。任天堂は「2003年は信じがたい程の賞を獲得した年だった。任天堂は素晴らしいゲームの数々だけではなく、スタイリッシュなGBASPも発売した。更に2003年のクリスマスに向けて任天堂の成功は続くだろう」とコメントしています。

任天堂

・パブリッシャー・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・ベスト・デベロッパー(GamesTMアワード)
・ベスト・パブリッシャー(ECTSアワード)

メトロイドプライム

・ファーストパーソンゲーム・オブ・ザ・イヤー(AIASアワード)
・ベスト・アクションゲーム(ゲームスターズアワード)
・デイリー・ミラー・ピープルス・チョイス(ゲームスターズアワード)
・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・ベスト・アドベンチャーゲーム・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・オーディオ・アチーブメント・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・ベスト・カムバック(GamesTMアワード)

ゼルダの伝説〜風のタクト

・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(GamesTMアワード)
・ベスト・ビジュアル(GamesTMアワード)
・モースト・ウォンテッド・ゲーム(ゲームスターズアワード)

アドバンスウォーズ2

・ベスト・ハンドヘルド・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(ECTSアワード)

マリオパーティ4

・ベスト・パーティ・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(AIASアワード)

(プレスリリース)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  3. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  6. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  7. ゲームジャーナリスト、平林久和氏に聞くゲーム産業の今後・・・GTMF2013直前インタビュー

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

アクセスランキングをもっと見る