人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が今年獲得した賞の数々

ゲームビジネス その他

任天堂は今年任天堂が獲得した賞の一覧を公表しました。任天堂は「2003年は信じがたい程の賞を獲得した年だった。任天堂は素晴らしいゲームの数々だけではなく、スタイリッシュなGBASPも発売した。更に2003年のクリスマスに向けて任天堂の成功は続くだろう」とコメントしています。

任天堂

・パブリッシャー・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・ベスト・デベロッパー(GamesTMアワード)
・ベスト・パブリッシャー(ECTSアワード)

メトロイドプライム

・ファーストパーソンゲーム・オブ・ザ・イヤー(AIASアワード)
・ベスト・アクションゲーム(ゲームスターズアワード)
・デイリー・ミラー・ピープルス・チョイス(ゲームスターズアワード)
・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・ベスト・アドベンチャーゲーム・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・オーディオ・アチーブメント・オブ・ザ・イヤー(EDGEアワード)
・ベスト・カムバック(GamesTMアワード)

ゼルダの伝説〜風のタクト

・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(GamesTMアワード)
・ベスト・ビジュアル(GamesTMアワード)
・モースト・ウォンテッド・ゲーム(ゲームスターズアワード)

アドバンスウォーズ2

・ベスト・ハンドヘルド・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(ECTSアワード)

マリオパーティ4

・ベスト・パーティ・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(AIASアワード)

(プレスリリース)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

    インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  3. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

    【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  4. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  5. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  8. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  9. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  10. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

アクセスランキングをもっと見る