人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、中国でゲーム機"神遊機"を発売

ゲームビジネス その他

Bloombregよると、任天堂は、ゲームメーカー として初めて、中国で本格的にゲーム事業に乗り出すことを明らかにしたそうです。

投入されるのは、中国向けに新たに開発 した廉価版の家庭用ゲーム機"神遊機"。498元(約6700円)で10月 中旬から上海など3都市で発売する。来年初めから段階的に販売地域を広げ、全国 展開を目指すとのこと。ソフトは、「ゲームキューブ」より以前の「ニンテンドウ64」など旧型ゲーム機向けの既存ソフトを利用、中国語化し 「マリオ」シリーズなど約10タイトルを投入する予定だそうです。

海賊版の流通が多いとされる中国での販売において、ゲームソフト は販売せず、ゲーム機を購入したユーザーが提携特約店に出向き、48元(約 650円)を支払って、半導体メモリーカードにダウンロードして書き込む仕組み だ。メモリーカードはセキュリティーを強化した大容量のフラッシュ メモリーを開発したそうです。当初 の容量は64MB(ちなみに、『マリオ64』は8MB、『マリオカート64』は16MB、『時のオカリナ』は32MB)。

中国進出に先立ち、任天堂はケイマン諸島に新会社「神遊」を設立しいるそうで、 実際の事業運営は蘇州に設立した神遊の子会社「神遊科技有限 公司」が行うとのこと。

「中国は有望な市場ではあるが、環境が異なる。事業展開する には問題を解決する必要があった」 と任天堂社長の岩田聡氏は述べました。「中国で成功できれば、様々な国に広げられる可能性が ある」。 中国で 投入する専用ゲーム機"神遊機"の形等については、 「コンパクトなも のになる。十分に高い画像解像度があり、精細な絵も出せる」 とコメントにとどまり、携帯ゲーム機の中国進出については、 「将来の可能性は否定し ないが、あれもこれもではなく、まずは家庭用ゲーム機を展開してからだ」 とコメントしました。

日本やアメリカだけでなく、これからは中国という世界一の人口を誇る国が、ゲーム産業の中心のひとつとなっていくのでしょうか。今後の動向に期待がかかります。

《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  2. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  3. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  4. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  5. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  8. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  9. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  10. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

アクセスランキングをもっと見る