人生にゲームをプラスするメディア

ファミコンゲームの26社を探しています

ゲームビジネス その他

12月に東京都目黒区の東京写真美術館でファミコンのゲームを集めた展示会「レベルX」を開催する予定のACCS(コンピュータソフトウェア著作権協会)が連絡のつかないファミコンゲームの製作会社26社を探しています。

展示会ではファミコンで発売された全ての約1200タイトルを展示する予定。しかし公共の場などで「ゲームソフトの上映」を行う場合には原著作者に承諾を得る必要があると規定されています。このためACCSでは著作者から許諾を取っているわけですが、連絡が出来ないメーカーが出てきているそうです。

連絡が取れないのは『星をみる人』のホット・ビィや『ダブルドラゴン』・『くにおくんの時代劇だよ全員集合!ダウンタウンスペシャル』のテクノスジャパン、『スーパーブラックオニキス』・『テトリス』のビーピーエスなど。

既に無い会社も多いとは思いますが、ファミコン20周年の記念すべきイベントを是非成功させるために情報が寄せられるといいですね。ちなみに原著作者が消滅した場合に著作権はどうなるんでしょ?テクノスなんてもうありませんが、、、。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 【GTMF2013】キスメットから進化したブループリントがゲームデザイナーに福音をもたらす~アンリアル・エンジン4の注目点とは

  8. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  9. サイバーコネクトツー松山洋社長が明かす、デベロッパーが20年勝ち続けるための方程式

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る