人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、来年のGC04では倍の規模を出展

任天堂オブヨーロッパのCEOのAlex Herr氏が業界紙MCVに対して話したところによれば、任天堂は来年のゲームコンベンション2004で今年の倍の規模の出展を行う予定だそうです。

ゲームビジネス その他
任天堂オブヨーロッパのCEOのAlex Herr氏が業界紙MCVに対して話したところによれば、任天堂は来年のゲームコンベンション2004で今年の倍の規模の出展を行う予定だそうです。

今年任天堂は620平方メートルのブースを構えていますが、来年は最低でも1200平方メートル以上の巨大ブースとなりそうです。Alex氏はゲームコンベンションを「欧州でも最大規模で消費者に強くアピールできる素晴らしいイベント」と評価しているようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  4. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  5. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  6. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  7. バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ

  8. 『ロードランナー』の作者Douglas E. Smith氏が死去

  9. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  10. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

アクセスランキングをもっと見る