人生にゲームをプラスするメディア

【プレスリリース】 シリコンスタジオがSyflexの限定版を発表

ゲームビジネス その他


■ シリコンスタジオ、高速クロス生成シミュレートアプリケーション
  Syflexの機能限定版を販売開始  ■ 

〜映画プロダクション、ゲーム開発会社に世界的認知されている
クロスシミュレーターSyflexのLimitedEditionがリリース〜


エンターテインメント業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開しております、シリコンスタジオ株式会社(代表取締役社長 関本晃靖、本社 渋谷区恵比寿、資本金 5 億9150万円、電話 03-5488-7070(代表))(以下、シリコンスタジオ)は本日、Syflex LLC(本社 米国ハワイ州:Syflex Limited Liability Company)(以下Syflex社)が開発しております高速クロス生成シュミレートアプリケーションSyflex(サイフレックス)の機能限定版「SyflexLE(サイフレックス・エルイー」の販売を開始したことを発表いたします。

Syflexは、ほかのクロスシュミレーターには見られない、リアルスティックな布の動きを迅速に再現できる、高速な計算速度と安定性ある最新のクロスシミュレーターで、3Dアニメーション/エフェクト・パッケージ「MayaR 4.5/5.0」のプラグインです。 

Syflexは、キャラクターの動作にすばやく適応し、どんな布素材や衣服デ
ザインでも自然なアニメーションを最高速にプレビューするプラグインとして世界中に認知されており、最近では、ハリウッド映画 「Charlies Angels: FullThrottle」や「SPY KIDS 3D: GAME OVER(日本今秋公開予定)」、「Jeepers Creepers2(米国8月末公開)」に起用された実績があります。 

今回リリースいたしましたSyflexLEは、特に教育市場に向けてお求めやすい価格に収めました。Syflexフルバージョンの機能限定版としてWindowsプラットフォームのMaya5にだけ対応し、必要最低限の調整パラメータと仕様だけを備えておりますが、一番得意とするシミュレーションのスピードはフルバージョンと同じ高速度を保っております。 

シリコンスタジオでは、SyflexLEアプリケーションのライセンスキーを発行するオンライン・ダウンロード形式で販売しております。  SyflexLEの単体価格は65,000円(標準価格)で、英語バージョンのみの取り扱いとなります。 

またシリコンスタジオでは、教育市場でもクロスシミュレーションをお使いいただきたく、只今Maya学生版とSyflexLEをバンドルした特別価格キャンペーンを9月末まで実施しております。  キャンペーン期間中の特別価格の詳細、またご購入に関しては直接当社営業担当までお問合せください。 

--------------------------------------------------------

● シリコンスタジオ株式会社について−
シリコンスタジオ株式会社(シリコンスタジオ)は、エンターテインメントの業界で、デジタルコンテンツに関する事業を幅広く展開するために2000年1月1日に設立されました。コンテンツ制作環境のインテグレーション、コンテンツのクリエーション、そしてコンテンツライツビジネスに代表されるコンテンツディストリビューションと、幅広く事業とサービスを展開し、Visualizationのプロフェッショナルとして質の高いアクティビティを重ねながら、多くの人々に感動を与えられる企業を目指しております。

--------------------------------------------------------

■ Syflex LLC製品に関するお問い合わせ先:
シリコンスタジオ株式会社
インテグレーション事業部
営業 市川
TEL:03-5488-7070 (代表) FAX:03-5488-7433
E-Mail : sales@siliconstudio.co.jp

--------------------------------------------------------

■ 本リリースに関する報道関係お問い合わせ先:
シリコンスタジオ株式会社
コーポレートパブリックリレーションズ 
担当: 山下
TEL:03-5488-7070 (代表) FAX:03-5488-7433
URL:http://www.siliconstudio.co.jp/
E-Mail:pr@siliconstudio.co.jp

--------------------------------------------------------

※本文中の商品名、会社名は、一般に各社の商標または登録商標です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

  5. 【CEDEC 2010】距離を超えた海外との共同開発~『FFXI』海外版制作事例

  6. ミストウォーカー、新作タイトルで現代アーティストの小松美羽とコラボを実施 ─ 個展には描き下ろし作品が展示中

  7. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  8. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  9. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る