人生にゲームをプラスするメディア

豪州でゲームキューブ向け8タイトルが発売中止に

任天堂 GC

GameCube Europeによればアタリの社員は豪州のゲームキューブ向けタイトル8タイトルを発売中止にしたと明らかにしたそうです。これは豪州におけるゲームキューブの注目度の低下によるもののようです。

中止にされたと確認されたのは『ターミネーター3 ライズ・オブ・マシーンズ』・『ミッションインポッシブル オペーレーション・サルマ』・『アステリクスとオベリクス XXL』・『トランスワールドサーフ ザ・ネクスト・ウェーブ』の3タイトルとアタリ以外の『フロッガーアドベンチャー』・『実況ワールドサッカー(国内既発売)』・『エボリューションスケートボーディング(国内既発売)』・『ワームス3D』の合計8タイトル。
《土本学》

編集部おすすめの記事