人生にゲームをプラスするメディア

ゲームキューブ本体が9月に99ドルに?

任天堂 GC

IGNのMatt氏が、「N-Query」(いわゆる質問コーナー)で、アメリカでのゲームキューブ値下げについて言及しています。

「なぜ任天堂はもっとアグレッシブにならないのか? 任天堂は近く驚かせてくれることをやるのか?」という質問に対してのMatt氏の答えの中に、

「任天堂はトライしています、われわれに見えているとは限らず。将来のためのことは陰で起こっています・・・9月末には、任天堂はGCの値段を99ドルに下げるでしょう。これはとても重要な値下げだと思います。・・・」

との言葉がありました。GC値下げは、これまでずっとささやかれていることですし、Matt氏も自身ありげにはっきりとそう言っておられるので信憑性はあると思います。99ドルは、1ドル=120円で計算すると11880円。実現したとすれば、日本でも値下げを行う可能性もあるかもしれません。


また、別の質問の答えでは、パイロットウィングスやtoo Human、新作マリオやゼルダについても言及しています。

「確認があるわけではないけれども、パイトッロウウィングスやToo Humanは以前よりその可能性は高くなっているように見えます。また、発表はなされていないけれども、新作マリオ・ゼルダも、出るだろうと仮定するのが安全な予想だと言っておきましょう。これらのタイトルに関して近いうちに何か発表があるとは思えませんが。」

とのこと。真偽のほどは確かではありませんが、新作ソフト群に期待したいところですね。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

アクセスランキングをもっと見る