人生にゲームをプラスするメディア

キャンプハイラル、始まりました

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカはインターネット上で体験出来る「キャンプハイラル(Camp Hyrule)」を開始しました。先日お伝えしたように約6000人の子供やいい年した大人が参加しています。

「大多数のキャンパーは子供達です。しかし私はまるで子供のように楽しんでいる大人も見ています。私はメンバーの中に仕事をざぼって参加していてそのことを上司も知らない人が居ると保証できます」と任天堂オブアメリカの広報部長のAnka Dolecki氏は話しています。

キャンプハイラルでは仮想の食堂で仮想の食事をして仮想の池で泳いで、仮想の森林を探検します。またキャンプ中には知らず知らず問題が発生します。6000人のキャンパーは10のキャビンに分れて、この問題を解決しようと努力します。

「キャンプハイラルは普通のキャンプをとてもよく表現しています。これはとても楽しい。私は全ての活動に参加したいと思っています」とスクリーン名Mace_Stariderさんは話しています。

米国立キャンプ協会の調べによれば過去10年に渡って増加してきたサマーキャンプに参加する子供の数が今年は伸びが止まったそうです。協会のJeffrey Solomon氏はそれがビデオゲームの影響だと言います。仮想のゲームは容易に熱中しすぎるといいます。

しかし全ての親がサマーキャンプに子供を参加させることは出来ません。その場合キャンプハイラルは最良の選択であり得ます。任天堂のDolecki氏は言います「多くの子供キャンプに参加する機会を得ません。キャンプハイラルはその子供達に機会を与えるのです」。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  4. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  7. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  8. セガのオリジナルIPとして、『チェインクロニクル』をしっかりと育てていきたい/セガゲームス秋山隆利氏インタビュー(前編)

  9. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  10. 【DEVELOPER'S TALK】音ゲー、コーデ、キラキラ感。3DSタイトル『プリティーリズム マイ☆デコレインボーウエディング』にみるミドルウェアで実現した女児向けゲーム開発のこだわりとは?

アクセスランキングをもっと見る