人生にゲームをプラスするメディア

キャンプハイラル、始まりました

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカはインターネット上で体験出来る「キャンプハイラル(Camp Hyrule)」を開始しました。先日お伝えしたように約6000人の子供やいい年した大人が参加しています。

「大多数のキャンパーは子供達です。しかし私はまるで子供のように楽しんでいる大人も見ています。私はメンバーの中に仕事をざぼって参加していてそのことを上司も知らない人が居ると保証できます」と任天堂オブアメリカの広報部長のAnka Dolecki氏は話しています。

キャンプハイラルでは仮想の食堂で仮想の食事をして仮想の池で泳いで、仮想の森林を探検します。またキャンプ中には知らず知らず問題が発生します。6000人のキャンパーは10のキャビンに分れて、この問題を解決しようと努力します。

「キャンプハイラルは普通のキャンプをとてもよく表現しています。これはとても楽しい。私は全ての活動に参加したいと思っています」とスクリーン名Mace_Stariderさんは話しています。

米国立キャンプ協会の調べによれば過去10年に渡って増加してきたサマーキャンプに参加する子供の数が今年は伸びが止まったそうです。協会のJeffrey Solomon氏はそれがビデオゲームの影響だと言います。仮想のゲームは容易に熱中しすぎるといいます。

しかし全ての親がサマーキャンプに子供を参加させることは出来ません。その場合キャンプハイラルは最良の選択であり得ます。任天堂のDolecki氏は言います「多くの子供キャンプに参加する機会を得ません。キャンプハイラルはその子供達に機会を与えるのです」。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

    PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

  2. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

    「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  3. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

    「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  6. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  7. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  8. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  9. 【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

  10. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

アクセスランキングをもっと見る