人生にゲームをプラスするメディア

キャンプハイラル、始まりました

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカはインターネット上で体験出来る「キャンプハイラル(Camp Hyrule)」を開始しました。先日お伝えしたように約6000人の子供やいい年した大人が参加しています。

「大多数のキャンパーは子供達です。しかし私はまるで子供のように楽しんでいる大人も見ています。私はメンバーの中に仕事をざぼって参加していてそのことを上司も知らない人が居ると保証できます」と任天堂オブアメリカの広報部長のAnka Dolecki氏は話しています。

キャンプハイラルでは仮想の食堂で仮想の食事をして仮想の池で泳いで、仮想の森林を探検します。またキャンプ中には知らず知らず問題が発生します。6000人のキャンパーは10のキャビンに分れて、この問題を解決しようと努力します。

「キャンプハイラルは普通のキャンプをとてもよく表現しています。これはとても楽しい。私は全ての活動に参加したいと思っています」とスクリーン名Mace_Stariderさんは話しています。

米国立キャンプ協会の調べによれば過去10年に渡って増加してきたサマーキャンプに参加する子供の数が今年は伸びが止まったそうです。協会のJeffrey Solomon氏はそれがビデオゲームの影響だと言います。仮想のゲームは容易に熱中しすぎるといいます。

しかし全ての親がサマーキャンプに子供を参加させることは出来ません。その場合キャンプハイラルは最良の選択であり得ます。任天堂のDolecki氏は言います「多くの子供キャンプに参加する機会を得ません。キャンプハイラルはその子供達に機会を与えるのです」。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

    【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

  2. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  7. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  8. エイティング、子会社を解散・・・オンラインゲーム『GIGANTOMAKHIA』を開発中止

  9. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  10. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

アクセスランキングをもっと見る