人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が2003年第1四半期決算を発表

ゲームビジネス その他

任天堂は2003年の第1四半期決算を発表しました。

それによれば4月から6月の第1四半期の売上高は838億2100万円で、営業利益は72億4500万円、経常利益は177億1300万円、純利益は114億5000万円となりました。

前期はGBASPが引き続き好調で、北米市場での『ポケットモンスタールビー&サファイア』や欧州市場での『ゼルダの伝説〜風のタクト』が好調でした。ただし第1四半期は売上が減る時期で、売上高は低い水準でした。ただし為替差益が出たため全体として良い四半期でした。

平成16年度(15年4月〜16年3月)の連結決算予想は通期で売上高が5500億円、経常利益が1100億円、純利益が650億円という予想になっています。

各商品の売上はGBAが324万台(うちSPが274万台)で対応ソフトは1058万本、ゲームキューブは8万台で対応ソフトは618万本となっています。累計台数はGBAが3705万台(うちSPが484万台)、ゲームキューブが963万台となっています。これらは全世界での数字です。

また興味深い点としては連結及び持分法の適用会社に一社が新規に追加されているようですが決算短信には記述はありませんでした。気になります。しかしゲームキューブが8万台ってこたあ無いと思うんですがね、、、。

実は四半期ごとの決算を任天堂が発表するのは初めてだとか。確かに今まで見た事が無い気がしますね。まあ、透明な企業が求められる時代ですからね。任天堂サイトのIR情報ももうちょっと充実させたほうがいいんじゃないかと。個人的に見たいだけですが。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  2. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

    『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

  4. 開発チームも一度死んで強くなる『ドラゴンボールオンライン』(2)

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  8. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  9. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  10. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る