人生にゲームをプラスするメディア

「モノリスソフト新作発表会 〜EPISODE 2003〜」

モノリスソフトとナムコは恵比寿ガーデンホールにて「モノリスソフト新作発表会 〜EPISODE 2003〜」を開催しました。会場では『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』、『ゼノサーガ エピソードI リローディッド [力への意志](PS2)』、『ゼノサーガ エピソードII 善悪の彼岸(PS2)』の3タイトルが発表されました。

任天堂 その他
モノリスソフトとナムコは恵比寿ガーデンホールにて「モノリスソフト新作発表会 〜EPISODE 2003〜」を開催しました。会場では『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』、『ゼノサーガ エピソードI リローディッド [力への意志](PS2)』、『ゼノサーガ エピソードII 善悪の彼岸(PS2)』の3タイトルが発表されました。

会場ではまずナムコ常務の原口氏から「モノリスソフトはテイルズスタジオと並んでナムコの大きなパートナーとなった」という挨拶が行われ、ついでモノリスソフト代表の杉浦博英氏が登場した。杉浦氏は今回の作品のためにチームを2つに分けて若手を起用した、これからはナムコ以外の会社の作品を開発したり、続編ばかりの風潮を打破したいと話しました。

まずは『バテン・カイトス』の映像が上映されました。次いで、ナムコのプロデューサー・野口伸二氏、モノリスソフトのプロデューサー・野村氏、トライクレッシェンド代表取締役かつディレクターの初芝弘也氏、モノリスソフト取締役かつディレクターの本根康之氏、シナリオ担当の加藤正人氏、サウンドの桜庭統氏、株式会社ロボットの倉澤幹隆氏という多くの会社とのコラボレーションという事が伺える面々がステージに上がりました。

そこでは『バテン・カイトス』はカードゲームのように思われるが、そうではなくて思考性の高いものというより、感とインスピレーションで最善のコンボを繰り出す、落ち物パズルのようなゲーム、という説明などが行われました。

会場ではCMも上映されたそうです。このCMは今日から放映されているとのことなのでテレビをチェックしておくのもよいかもしれません。発売は12月の予定です。GAMEWATCHやIGNでは沢山のスクリーショットも掲載されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

    任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

    任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  4. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  5. 任天堂の不思議なキャラ10選

  6. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  9. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

  10. カプコンのスイッチ向け人気タイトルがBest Price版になって発売決定!『モンハンXX』『ウルストII』の2作品

アクセスランキングをもっと見る