人生にゲームをプラスするメディア

『スプリンターセル パンドラ・トゥモロー』は来年3月発売

ユービーアイソフトは人気作家トム・クランシー氏監修の人気ステルスアクション最新作『スプリンターセル パンドラ・トゥモロー』を2004年3月に発売する事を明らかにしました。

任天堂 GC
ユービーアイソフトは人気作家トム・クランシー氏監修の人気ステルスアクション最新作『スプリンターセル パンドラ・トゥモロー』を2004年3月に発売する事を明らかにしました。

『スプリンターセル』は諜報機関のエージェントになり敵地深くへ潜入して機密情報を入手するというステルスアクション。第一作目は当初XBOX向けに開発されて、後にPCやPS2そしてゲームキューブにも登場していてこの2作目は最初からマルチプラットホームとして開発が進められています。

今回のストーリーには米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどが進めるスパイプロジェクト「Echelon」も関わり、森やジャングルの中などもゲームの舞台になっていくそうです。また、オンラインでの対戦も今作の大きな特徴になりそうです。

国内でも発売してください、ユービーアイソフトさん。それにしてもあのGamesRaderが未だあったなんて驚きです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

    「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『スマブラSP』戦闘中にステータスを変える「シュルク」―今回は好きなモードに即変更が可能!

    『スマブラSP』戦闘中にステータスを変える「シュルク」―今回は好きなモードに即変更が可能!

  4. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

  5. 『DARK SOULS REMASTERED』スイッチ版の紹介映像―死にゲーに挑むコツとは?

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. “本気のオタク”であれ――『ファミスタ』プロデューサーが語るゲーム業界を目指す人の心構えとは

  8. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  9. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  10. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

アクセスランキングをもっと見る