人生にゲームをプラスするメディア

評価高し、新生『ミュータントタートルズ』体験レポ

90年代に人気を博した「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」が帰ってきます。原作で新シリーズが始まるのに伴ってコナミが再びライセンスを取得、ゲームキューブやゲームボーイアドバンスでも発売が決定してE3にも出展されました。以下はPlanetGameCubeによるインプレッションを元に書いた物です。GC版です。

任天堂 その他
90年代に人気を博した「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」が帰ってきます。原作で新シリーズが始まるのに伴ってコナミが再びライセンスを取得、ゲームキューブやゲームボーイアドバンスでも発売が決定してE3にも出展されました。以下はPlanetGameCubeによるインプレッションを元に書いた物です。GC版です。

デモでは都市を舞台にした1つのステージが遊べました。プレイヤーはAとBボタンを使って「弱い」と「素早い」の2つの通常の攻撃動作が出来ます。また連なってくる敵にこれらを組み合わせてコンボを与えたり、ジャンプして忍者技を与える事も出来ます。操作は簡単で、アクションは綺麗に結びついて、動かしているだけで面白さを与えてくれます。

セルシェイドのグラフィックもとてもキャラタクー達に合っています。

まず基本的にゲームは以前の面白かったものと同じゲームプレイを持っていて、まず間違っても駄目なゲームになる事は無いだろうと言えます。私は今年後半の発売を非常に楽しみにしています、また期待すべきです。

以上です。かなり評価高いみたいです。ちなみにこのゲームを開発したのはSFC版などと同じミラージュ・スタジオだという事なので本当に期待できるのではないでしょうか。発売が楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 噛み付いたらはなさない!…ってマジ?『あつまれ どうぶつの森』に登場する「スッポン」について知ろう【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    噛み付いたらはなさない!…ってマジ?『あつまれ どうぶつの森』に登場する「スッポン」について知ろう【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  2. 『マリオ3』は最弱の「カエルスーツ」のみでクリアできるのか!? 特殊すぎる変身アイテムでいざ挑戦【スーパーマリオ35周年特集】

    『マリオ3』は最弱の「カエルスーツ」のみでクリアできるのか!? 特殊すぎる変身アイテムでいざ挑戦【スーパーマリオ35周年特集】

  3. 本当は怖い『FFCCリマスター』の世界―瘴気で人はバタバタ死ぬし、モンスターはグロい…

    本当は怖い『FFCCリマスター』の世界―瘴気で人はバタバタ死ぬし、モンスターはグロい…

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  6. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  7. いままでありがとう! 生産終了したニンテンドー3DSの思い出深いゲーム39(サンキュー)選

  8. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』11月20日発売決定! 知られざる100年前の戦場へ誘う新映像公開

  9. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  10. 任天堂、経営方針資料に「ゲーム専用機による遊びの提案を続ける」と記載─今後の展望には“次のゲーム機”の表記も

アクセスランキングをもっと見る