人生にゲームをプラスするメディア

失われたマリオ人形を、GBA『マリオ&ドンキーコング』体験レポ

任天堂のプレスカンファレンスで発表されたものの詳細は出ずに任天堂からは画面写真がリリースされただけの『マリオ&ドンキーコング』ですがブースではちゃんとプレイアブルで出展されていました。

任天堂 その他
任天堂のプレスカンファレンスで発表されたものの詳細は出ずに任天堂からは画面写真がリリースされただけの『マリオ&ドンキーコング』ですがブースではちゃんとプレイアブルで出展されていました。

ストーリーはこんな感じ。あるときマリオはおもちゃを製造する工場を作ります。そこでマリオは「ミニ・マリオ人形」を作り始めました。しかしマリオがドンキーコング人形を作らなかったのでドンキーはのけ者にされたと腹を立てて工場に侵入して作りかけ人形をもって奥に逃げていきます。マリオは持っていかれた作りかけの人形を取り戻して完成させなくてはいけません。宿敵ドンキーコングとの戦いの始まりです。

ゲームは本質的には数年前に発売されたGB版と変わりません(いちばーん最初のドンキーと同じ)。ドンキーが樽やその他で妨害してくるのでそれをジャンプしたり綱を渡ったりして避けながら工場を進んで、ミニ・マリオ人形を取ればステージクリアです。ステージ中には3色つのプレゼント(?)が置かれていてそれを全て取ればステージ終了時にアイテムが手に入るルーレットのミニゲームが遊べるそうです。

この『マリオ&ドンキーコング』はまだ正式に発表はありませんが、インターフェイスが作られていない点以外はほぼ完成しているようだったそうです。コレクティビティには触れられていないのでどうやら昨年のE3に参考出展された『ドンキーコング+』とは異なるようですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  7. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  8. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 【特集】『星のカービィ』名曲10選、本当は10曲に選びたくなかった!

アクセスランキングをもっと見る