人生にゲームをプラスするメディア

『スターフォックス2』体験レポート

任天堂 その他

ナムコ開発の期待の『スターフォックス2』がプレイアブルで出展。製品版ではシングルプレイヤーモードももちろんありますが、今回のE3ではマルチプレイヤーモードのみが体験可能だったそうです。選択可能なステージも最初の数個に制限されていたとのことです。

プレイヤーはまずキャラクターを選択します。選択が終わると4人は基地のような場所からスタートします。そこにはアーウィンが2台、ランドマスターが2台、、、その他の武器などが置いてあるそうです。そこで戦闘開始でプレイヤーは最初標準のレーザーガンと自分の足しかない状態から始まるので、ライバルより早く乗る必要があります。またこの他にも地雷や速射ガンなど置かれているそうです。もちろんアーウィンなんか乗らずに生身で勝負も出来るみたいです。

操作は少し戸惑うもようなものかも、とのこと。まず地上では、アナログスティックは方向転換に使います。Lでジォンプ。Rボタントコントロースティックを組み合わせて機銃掃射します。地上ではAで攻撃でYでジャンプで、カメラスティックで照準を合わせるそうです。これは少し複雑そうだが、実際やってみるとそうでもないとIGNは書いています。

アーウィンに乗った際はAで攻撃、アナログスティックで方向転換します。目新しいのはアーウィンに乗っている際にZを押すとアーウィンの翼に出る事が出来るそうです。その間はキャラを動かしてジャンプしたり地上に向けて攻撃したり出来るようです。その間は惰性でアーウィンは動きます。

上のほうでアーウィンなんかに乗らないでも戦えると書きました。やはり、歩きvsアーウィンでは不利ではないかと思ってしまいますが実際やってみると上空からは見逃してしまったり建物の裏に隠れたりで意外と地上のキャラと戦うのは難しいようです。逆に地上に居るキャラからは空を飛んでいるアーウィンを狙うのは容易な訳で、場合によってはそっちのほうが有利の場合もあるそうです。

グラフィックに関しては特筆すべき点は無さそうです。キャラのポリゴン数も少ないとのこと。但し常に60fpsは保っているようです。ゲームとしては楽しかったよとIGNやPGCは書いていました。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

    『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  2. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

    任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  3. 「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

    「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

  4. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

  5. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  6. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  7. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  8. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」7月21日号―『スプラトゥーン2』いよいよ発売開始!

  9. 「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズより、「クラウド」「ベヨネッタ」「カムイ」のamiiboが本日発売!

  10. 海外レビュー速報『スプラトゥーン2』

アクセスランキングをもっと見る