人生にゲームをプラスするメディア

『天外魔境』がGCとPS2で発売決定

任天堂 その他

名前のない部屋によると、ハドソンの大作和風RPGシリーズ「天外魔境」の既出作『天外魔境2 卍MARU』とPC-FXで開発中と発表されていたにも関わらず幻のソフトとなった『天外魔境3 NAMIDA』がGCとPS2にて発売が決定しました。GC版の方が少しタイミングが早く発売されるんだとか。

天外魔境2 卍MARUはフィールドが3Dになり、主要イベントがムービーになっているそうです。また、シナリオのほうには特に変更はしていないそうな。個人的にはあまりいじられたくないのが本音ですね。素晴らしいシナリオです。是非一度体験して頂きたい。

また、幻の一本となっていた「天外魔境3 NAMIDA」は来春発売予定。キャラはポリゴンで描写されていたようで、詳細は不明。

天外魔境シリーズはREDの広井王子氏がポール・ヒエロニムス・チャダ氏の著作「FAR EAST OF EDEN」に出会った事をきっかけに作られたハドソンの名作RPGシリーズです。当初はアニメになる予定がうまくいかず、それを企画をハドソンが拾ったんだとか。過去の日本をベースにしたファンタジックな世界観で、火の民と根の民という二つの民族と絡めてストーリーが展開していきます。シリーズ構成としては下記の通り、RPGと対戦格闘アクションゲームで構成されています。

広井氏、桝田氏、そして音楽の坂本龍一など多くの優秀なスタッフとPC-Engine CD-ROM2システム、スーパーCD-ROM2システムというハードに恵まれてシリーズを出すたびに大ヒットとなりました。最近では、少年ジャンプで連載されているNARUTO-ナルト-というマンガ、GCとGBAでもゲーム化されたそれにて「伝説の三忍」と称して自来也、大蛇丸、綱手というキャラクターが登場しますが、これがそのまま「天外魔境1」の主人公達と全く同じ組み合わせだったりします。

今では珍しくなくなりましたが、CD-ROM2システムを活かして各所のイベントシーンでキャラクターが喋るのが当時のわたしには非常に印象的でした。特に、2に登場する火の民の創造主「マリ」を演じた女優・岸田今日子さんが実に印象的で、巧く演じきっておられます。今回も出てきてくれるかなぁ。

【RPG】
1988.06.30:天外魔境 ZIRAIA
1992.03.26:天外魔境2 卍MARU
1993.07.10:天外魔境風雲カブキ伝
1995.12.22:天外魔境ZERO
1997.01.14:天外魔境第四の黙示録

【RPG】
1995.02.24:天外魔境カブキ一刀涼談
1995.07.28:天外魔境電脳絡繰格闘伝
1995.??.??:天外魔境真伝
《織機 綺音》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』「ムジュラの仮面」をつけると敵が攻撃してこなくなる!新装備に関する情報が公開

    『ゼルダの伝説 BotW』「ムジュラの仮面」をつけると敵が攻撃してこなくなる!新装備に関する情報が公開

  2. 7月1日・2日にビックカメラでスイッチ本体の抽選販売が実施

    7月1日・2日にビックカメラでスイッチ本体の抽選販売が実施

  3. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  4. 「よゐこのマイクラでサバイバル生活」第4回でついに“人間らしい生活”に!塔やベッドが完成

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』冬発売の英傑amiiboは6月30日予約開始、マイニンテンドーストアでは4体セットも登場

  6. 『マリオカート8 デラックス』更新データ(Ver.1.2.0 )配信開始、ピクミンのamiiboが対応したほか対戦時のバランス調整も

  7. 【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

  8. 『スーパーボンバーマン R』アプデVer.1.4配信開始、三角頭やビックバイパーが参戦!

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの「チンクルの装備」ついて開発者が語る─チンクルの魅力は“嫌われている”こと!?

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

アクセスランキングをもっと見る