人生にゲームをプラスするメディア

SNKが北米市場に復帰

3年前、プレイモアに買収されて北米での事業を閉じたSNKですがどうやら北米市場に復帰となるようです。プレイモアは米国に「SNK ネオジオUSAカスタマー Corp.」を設立したそうです。GameDailyにその新会社の社長であるBen Herman代表のインタビューが掲載されています。

任天堂 その他
3年前、プレイモアに買収されて北米での事業を閉じたSNKですがどうやら北米市場に復帰となるようです。プレイモアは米国に「SNK ネオジオUSAカスタマー Corp.」を設立したそうです。GameDailyにその新会社の社長であるBen Herman代表のインタビューが掲載されています。

それによれば新会社は既にゲームボーイアドバンス向けのライセンスを任天堂から取得済みで、これからゲームキューブやプレイステーション2などのライセンスも取得予定だそうです。まずは国内で出しているPS2タイトルなどの移植をしていくつもりのようです。

そういえば少し前にカプコンは『カプコン VS SNK 3 カオス』を発表していますが、これが第一弾になるという可能性もあります。何はともあれE3では見ることが出来るでしょうから期待しましょう。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『パワプロ2022』いつでもどこでもユニフォーム姿な「パワプロくん」がついに…?「初めて見たわ」

    『パワプロ2022』いつでもどこでもユニフォーム姿な「パワプロくん」がついに…?「初めて見たわ」

  2. 『パワプロ』涙なしには語れない!?“オリジナル変化球”に隠された感動必至のバックストーリー

    『パワプロ』涙なしには語れない!?“オリジナル変化球”に隠された感動必至のバックストーリー

  3. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  4. 『モンハンライズ:サンブレイク』太刀、ランスの新アクション公開!新たな納刀動作「威合」などが追加へ

  5. 『GOD EATER 3』新アラガミ「灰煉種ティラニ・ハンニバル」登場!キース&ニールの新エピソードも楽しめる「無料アップデートVer.2.40」2月6日配信

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 『パワプロ2022』発売記念!パワプロシリーズの“インパクト大”な彼女キャラ

  8. 「ゆっくり茶番劇」騒動まとめ─無関係の第三者が商標登録、出願代理事務所は本件に関して謝罪

  9. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  10. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新御三家はだれを選ぶ?2,000人以上が投票したアンケート結果発表!

アクセスランキングをもっと見る