人生にゲームをプラスするメディア

【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況

任天堂 Nintendo Switch

【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況
  • 【闘会議2017】Nintendo Switch体験エリアをレポート!その他の任天堂エリアも大盛況

日本最大級のゲームファン向けイベント「闘会議 2017」が、2月11日・12日の2日間にわたって幕張メッセで開催されています。本記事では、会場でひときわ大きな賑わいを見せていた任天堂の新ハード「Nintendo Switch」の体験エリアをレポートします。

体験エリアでは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『ARMS』『1-2-Switch!』の3タイトルが体験可能。1月14日と15日に東京ビッグサイトで開催された「Nintendo Switch 体験会 2017」以来となる発売前に体験できる機会ということもあり、開場まもなく各タイトルの整理券を求める長い列が形成されていました。





『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』体験エリアでは、ゲーム序盤20分をNintendo SwitchのTVモードと携帯モードの両方で遊ぶことが可能です。エリア付近には、リンクの等身大スタチューも。




『ARMS』のエリアでは、通常のプレイ体験台の他に勝ち抜き式のトーナメントステージが設けられていました。初めてJoy-Conを手にしたであろう多くの体験者らが、気持ちを入れ込んでプレイしている姿が印象的でした。




『1-2-Switch!』の体験エリアは、「Nintendo Switch 体験会 2017」と同じく、体験者がプレイしている姿自体がエンターテイメントになるようにガラスによって仕切られたブースが組まれていました。

各エリアには、動画配信用のブースが用意されており、ゲームタイトルに合わせたさまざまな企画が行われていました。また、どの体験エリアも非常に長い列となっており、国内でのNintendo Switchの注目度の高さがうかがい知れます。


■任天堂関係のブースもフォトレポでお届け


「Splatoon甲子園2017」エリアには、全国を駆け巡った移動式対戦用トレーラー「イカス号デコ」が出現。全国から予選を勝ち抜いてきたイカしたヤツらが白熱したバトルを繰り広げていた。




来場者も書き込めるイラストコーナーや、記念撮影コーナー、ポスターの展示コーナーも。

「イカス屋台」も展示。

黄金に輝くトロフィー。


任天堂公認の花札大会「マリオ花札大会」のエリア。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  9. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る