人生にゲームをプラスするメディア

e-Sport特化の落ち物パズル『Magical Stone』β版配信…『ぷよぷよ』との類似性指摘の声も

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

『Magical Stone』公式サイト
  • 『Magical Stone』公式サイト
  • 「Magical Stone 紹介PV」より
  • e-Sport特化の落ち物パズル『Magical Stone』β版配信…『ぷよぷよ』との類似性指摘の声も
  • 「Magical Stone 紹介PV」より
  • 「Magical Stone 紹介PV」より
  • 「Magical Stone 紹介PV」より
  • 「Magical Stone 紹介PV」より
  • e-Sport特化の落ち物パズル『Magical Stone』β版配信…『ぷよぷよ』との類似性指摘の声も
ゲームを競技として楽しむ「e-Sports」に特化したPC向け落ち物パズルゲーム『Magical Stone β版』が配信開始されました。

『Magical Stone』は、対戦に特化した落ち物パズルゲーム「RPA(リアルタイムパズルアクション)」です。国内のコアな落ち物ゲーマーによって、競技(e-Sports)向けの最新作を作ったらどうなるのかというコンセプトのもの開発が進み、この度配信が開始されました。



基本ルールは、落下してくる同色の「オーブ」を4つ以上つなげることで消し、対戦相手に「ブロックオーブ」を送り込むというもの。「コンボ(連鎖)」によりダメージがアップしますが、同時に連鎖することで「ガード(相殺)」も可能となっているため、相手や自分の状況による戦略性が生み出されています。オーブが画面の一番上まで積み上がった方が負けとなります。



PCでいつでも対戦できる仕様やキャラクターデザインなど、グローバルな展開を見据えて設計されていることが特徴。現在は、基本となる「e-sportsモード」がプレイ可能となっており、追加モードとなるじっくり考えて戦略を練る「ターン制モード」も鋭意開発中で、クライアントのダウンロードは公式サイト(http://magicalstone.jp/)より行えます。

■Magical Stone 紹介PV

YouTube 動画URL:https://youtu.be/07LwsI2b6Gs

SNSなどでは本作と『ぷよぷよ』との類似性を指摘する声も挙がっていますが、この件に関して弁理士の安高史朗氏は「IPFbiz」にて“法的な問題はクリアしている”という見解を示しています。また、より上級プレイヤーが楽しむグローバルな競技向けゲームとしての『Magical Stone』と、さまざまな間口の広がりがあり初心者も楽しめる『ぷよぷよ』との棲み分けにより、双方がより発展していく期待感もあわせて綴っています。

なお、権利問題に関しては現在セガゲームスに問い合わせ中であり、回答が届き次第別記事でお届けします。

私は、Magical Stoneはぷよぷよの著作権を侵害するものではないと考えています。ごく簡単に結論だけを書くと、以下のようになります。「Magical Stoneがぷよぷよと共通するのは、アイデア自体や、ありふれた表現に過ぎず、著作権法の保護対象である創作的な表現(本質的特徴)を維持しないため、著作権を侵害しない。」

(中略)

著作権法の保護対象は、「アイデア」ではなく「表現」です。アイデアは、特許法の守備範囲であり、出願・審査・登録という手続きを経て初めて保護されるものです。保護期間も出願から20年間に限られます。

(中略)

ぷよぷよを開発したコンパイル社は、ぷよぷよの特許を出願していません。仮に出願していたとしても、初代ぷよぷよのリリースは1991年ですから、とっくに特許権は切れていて、ぷよぷよというゲームアイデア自体はパブリックドメインになっているはずです。

(中略)

ぷよぷよは、そのようなキャラクターものとして、また初心者でも楽しめるゲーム、ぷよクエなどのアプリとして、ますます人気を博していき、そしてMagical Stoneは、eスポーツとして、コアなファン・上級プレイヤーを中心に、グローバルに普及していくことを、切に願います。

※「Magical Stone」は「ぷよぷよ」の著作権を侵害しないのか? - IPFbiz 知財・会計・ビジネスニュース
http://ipfbiz.com/archives/magicalstone.html

公式サイトでは本作の公認プロチームとしてFanGamesが運営する「Samurai Frontier Gaming」が紹介されています。所属する6名はいずれも『ぷよぷよ通』の超上級者として知られており、大会でも好成績をおさめる落ち物パズルゲームのトップ集団です。



落ち物パズルゲームの競技性に特化した本作。上級者が高みを目指すゲームとして発展し、e-Sports業界に一石を投じるタイトルに成長できるでしょうか。初の全国大会「World Chanpion Ship」は6月25日にe-sports SQUAREで開催予定で、優勝賞金100万円です。

『Magical Stone β版』は、好評配信中で価格は無料です。本サービス開始は、2016年5月1日以降を予定。価格は基本プレイ無料の一部課金制です。

Copyright (C) 2016・All Rights Reserved・Magical Stone
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』全世界6億5,000万DL突破も勢いは減少傾向か―海外報道

    『ポケモンGO』全世界6億5,000万DL突破も勢いは減少傾向か―海外報道

  2. 【特集】PC版「PS Now」リリース記念! ぜひ遊んで欲しい「PS3タイトル」をご紹介─シリーズモノからキラリと光る個性作まで

    【特集】PC版「PS Now」リリース記念! ぜひ遊んで欲しい「PS3タイトル」をご紹介─シリーズモノからキラリと光る個性作まで

  3. Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの目があのバルブに!?

    Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの目があのバルブに!?

  4. DMM GAMES、新作『社にほへと』発表!歴史ある神社を擬人化した「社巫娘」と共に戦うPCブラウザゲー

  5. 「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

  6. ヌルヌル猫ちゃんゲー『Rain World』予約はじまる

  7. 『ニーア オートマタ』Steam版発売日が3月17日に決定!動作環境も公開

  8. 【レポート】PC版「PS Now」はウィンドウ表示も可能! PCの推奨スペックや操作性など、気になるアレコレに注目

  9. 『鬼武者Soul』2人の武将を公開 ― 実用知識「落武者」のつぶやきもスタート

  10. 『ドラゴンクエストX』中国サービス決定!『FFXIV』の盛大遊戯が展開

アクセスランキングをもっと見る