人生にゲームをプラスするメディア

バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ

ゲームビジネス VR

バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
  • バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ
バンダイナムコエンターテインメントは、仮想現実(VR)技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト「Project i Can」を始動すると発表しました。

「Project i Can」は、VRをはじめとした最新技術と体感マシン開発技術をかけあわせることにより、「やりたい!けど実際はムリ」という夢・好奇心を、ホンモノの体験として実現し新しいエンターテインメントの提供を目指すプロジェクトです。


プロジェクト開始に伴い、2016年4月15日から10月中旬まで、ダイバーシティ東京プラザにVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」がオープンします。この施設では実際にVR体験を行うことができ、体験したユーザーの意見を活用しながらさらなるVRの可能性が追求されていくとのこと。


なお、この施設は予約制となっており、予約受付は2016年4月8日12時(正午)から開始予定となっています。また今後は、このような直営店での運営、アミューズメント店舗でのコーナー展開、アミューズメント施設以外の店舗への設置なども実施される予定とのこと。

◆「VR ZONE Project i Can」主なコンテンツ


■極限度胸試し『高所恐怖SHOW』


「ムリ!ムリ!ムリッ! たった一歩が踏み出せねえ!!」
地上200mに飛び出した細い板の先に取り残された猫を救出する、極限の度胸試し。

[VRアクティビティ所要時間]約7分
※VRゴーグルの着脱時間を含みます
[体験料金]930バナコイン(1,000円)
※体験ではVRゴーグルを装着します


■急滑降体感機『スキーロデオ』


「断崖絶壁君は滑りこなせるか?」
崖が切り立つ広大な雪山を滑り抜ける急滑降スキー体験。

[VRアクティビティ所要時間]約6分
※VRゴーグルの着脱時間を含みます
[体験料金]651バナコイン(700 円)
※体験ではVRゴーグルを装着します


■スポーツ走行体験マシン『リアルドライブ』


「思い出せ 走る喜びを」
実車さながらの挙動と運転フィールでスポーツ走行を体感。

[VRアクティビティ所要時間]約14分
[体験料金]651バナコイン(700円)
※VRゴーグル不要、ドームスクリーンを用いたアクティビティです


■ホラー実体験室『脱出病棟Ω(オメガ)』


みんなと一緒に廃墟と化した巨大病棟へ入り込む。“本当に襲われる”かつてない恐怖経験。

[VRアクティビティ所要時間]約12分
※VRゴーグルの着脱時間を含みます
[体験料金]おひとり様744バナコイン(800円)
※2~4 名様での同時体験となります
※体験ではVRゴーグルを装着します


■VR鉄道運転室『トレインマイスター』


「のみこまれる運転臨場感」
JR山手線の運転士として本物さながらの運転業務を体験。

[VRアクティビティ所要時間]約9分
※VRゴーグルの着脱時間を含みます
[体験料金]651バナコイン(700円)
※体験ではVRゴーグルを装着します
JR東日本商品化許諾申請中


■VRシネマティックアトラクション『アーガイルシフト』


少女と共にロボットのコックピットへ。巨大ロボットに乗り込んで戦う“憧れ”の実体験。

[VRアクティビティ所要時間]約7分
※VRゴーグルの着脱時間を含みます
[体験料金]651バナコイン(700円)
※体験ではVRゴーグルを装着します

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「VR ZONE Project i Can」は2016年4月15日からオープン予定です。

■VRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」施設概要
・施設名称:VR ZONE Project i Can
・施設面積:165.26 坪(約545.4m²)
・所在地:東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ3F
 (ゆりかもめ台場駅徒歩5分/りんかい線東京テレポート駅B出口徒歩3分)
・TEL:03-5579-6141(2016年4月15日より)
・対象年齢:13 歳以上(13歳未満のお子様はVRアクティビティのご利用ができません)
・料金:おひとり1回651~930バナコイン(700円~1,000円)VRアクティビティにより異なります。
・入場無料:本施設のご利用は「バナコイン」でのお支払いとなります。「バナコイン」はバンダイナムコグループの様々なサービスを利用できる電子マネーです。施設エントランスにてご購入(チャージ)してご利用いただけます。
・ご利用方法:予約制*/4月8日(金)より予約受付スタート
・営業時間:10:00~21:0 (不定休)
・施設運営:株式会社ナムコ
・公式ホームページ:http://www.project-ican.com

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, vehicles,models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 宮本茂氏も登場する海外ドキュメンタリー「Unlocked」が12月公開!―ゲーム業界の様々な分野に迫る

  6. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. コミュニティとゲームの未来は?~「日本で育つ新しいコミュニティの魅力」新世代ブロードバンド研究会

  9. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  10. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

アクセスランキングをもっと見る