人生にゲームをプラスするメディア

「Oculus Rift」ローンチラインナップ発表、多種多様な30作品

ゲームビジネス VR

 
  •  
  •  
いよいよ3月28日より出荷が始まる製品版Oculus Riftですが、本機に対応するタイトルのローンチラインナップが発表されました。

Oculus VRはこれらはほんの始まりであるとし、現在何千もの開発者が全く新しいVR経験に向けて取り組み、年内にさらに100以上のゲームが登場すると伝えています。



■ラインナップ
ADR1FT』(Three One Zero)
Dreadhalls』(White Door Games)
Radial G』(Tammeka Games)
Adventuer Time』(Turbo Button)
Elite Dangerous』(Frontier Developments)
Rooms』(HandMade Games)
AirMech: Command』(Carbon Games)
Esper 2』(Coatsink)
Shufflepuck Cantina Deluxe VR』(Apharta Studio)
Albino Lullaby』(Ape Law)
EVE Valkyrie Founder's Pack』(CCP Games)
Smashing the Battle』(One-Man Studios)
Audio Arena』(Skydome Studios)
Fly to KUMA』(COLOPL)
Vanishing of Ethan Cater』(The Astronauts)
Project CARS』(Sightly Mad Studios)
EVE Gunjack』(CCP Games)
Vektron Revenge』(Ludovic Texier)
Choronos』(Gunfire Games)
Herobound SC』(Gunfire Games)
VR Tennis Online』(COLOPL)
Darknet』(E McNeil)
Keep Talking and Nobody Explodes』(Steel Crate Games)
Pinball FX2 VR』(Zen Studios)
Dead Secret』(Robot Invader)
Lucky's Tale』(Playful)
Blaze Rush』(Targem Games)
Defense Grid 2』(Hidden Path Entertainment)
Omega Agent』(Fireproof Games)
Windlands』(Psytec Games Ltd)

また、公式ブログではOculus Rift向けのプラットフォーム“Oculus Home”も紹介。VRに特化してゼロから設計されたOculus Homeでは、自分のライブラリの探索、新たなコンテンツの発見、VRによるフレンドとの接続などを特色とし、OculusデスクトップアプリによってRiftのカスタマイズやOculusストアでの最新コンテンツ閲覧が可能とのことです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

    80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

    バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  8. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  9. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  10. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top