人生にゲームをプラスするメディア

【PS Vita DL販売ランキング】『ガンダムブレイカー3』首位、『シャリーのアトリエ Plus』初登場2位ランクイン(3/12)

ソニー PSV

ガンダムブレイカー3
  • ガンダムブレイカー3
  • シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~
3月12日版のSony Entertainment Network PS Vitaのダウンロードランキングをご紹介します(0時現在)。

今週首位を獲得したのは『ガンダムブレイカー3。本作は、「ガンプラ」をテーマとした『ガンダムブレイカー』シリーズ最新作。「Gのレコンギスタ」や「鉄血のオルフェンズ」などの最新ガンプラも追加されより、パワーアップしたガンプラアクションを楽しむことができます。

2位ランクインの『シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~』は『黄昏』シリーズの3作目として2014年に発売された『シャリーのアトリエ』をベースに、ユーザーからの要望が多かった様々な要素を追加したバージョンアップ版です。今作ではこれまで3作にわたって語られてきた“黄昏”の謎がついに解明されます。




タイトル発売元
1--ガンダムブレイカー3バンダイナムコエンターテインメント
2--シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~コーエーテクモゲームス
31艦これ改角川ゲームス
4--朧村正 PlayStation Vita the Bestマーベラス
53進撃の巨人コーエーテクモゲームス
66Minecraft: PlayStation Vita EditionMojang AB
75ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよスクウェア・エニックス
84聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-スクウェア・エニックス
92仮面ライダー バトライド・ウォー 創生バンダイナムコエンターテインメント
1010ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―バンダイナムコエンターテインメント
11--ご注文はうさぎですか??Wonderful party!MAGES.(5pb.)
1213ダブルフォーカス-文と椛の弾丸取材紀行-PlayStation Vita Editionメディアスケープ
13--閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-マーベラス
14--デジモンストーリー サイバースルゥースバンダイナムコエンターテインメント
1512閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- PlayStation Vita the Bestマーベラス
167バレットガールズ PlayStation Vita the Bestディースリー・パブリッシャー
17--GOD EATER RESURRECTIONバンダイナムコエンターテインメント
188いけにえと雪のセツナスクウェア・エニックス
1914アサルトガンナーズマーベラス
20--オメガラビリンスディースリー・パブリッシャー


※データは0時現在のものです。
※ランキングデータは公式ランキングによります。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

    【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  2. 『DOA Xtreme 3』PSVR専用モード「VRパラダイス」は1月24日配信に、製品版を持っているユーザーには期間限定で無料配布

    『DOA Xtreme 3』PSVR専用モード「VRパラダイス」は1月24日配信に、製品版を持っているユーザーには期間限定で無料配布

  3. 「SIE PlayStation VRタイトルセール」、26日よりPS Storeにて開催―最大50%OFF!

    「SIE PlayStation VRタイトルセール」、26日よりPS Storeにて開催―最大50%OFF!

  4. 日本一ソフトウェア、デスゲームADV『追放選挙』発表! 妹を殺した9人に復讐せよ

  5. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  6. 『死印』“シルシ”の呪いから生き延びろ─死を突きつけられる物語や鍵を握る西洋人形「メリイ」など公開

  7. 『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

  8. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  9. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  10. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

アクセスランキングをもっと見る