人生にゲームをプラスするメディア

嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
  • 嘘を暴いて物理で殴るRPG『LiEat』Steam版配信開始!人気フリーゲームが世界展開
アクティブゲーミングメディアは、フリーゲーム『LiEat』の配信をPLAYISM/Steamにて開始しました。

『LiEat』は△○□× (みわしいば)氏によって開発されたフリーゲームで、“嘘を暴いて物理で殴る”という独自のスタイルを持ったRPGです。情報屋且つ詐欺師の主人公「レオ(通称)」と、彼に保護された女の子(ただし、嘘を食べて生きるドラゴンである)「エフィーナ」が様々な街で情報を売買しながら、彼ら自身についての真実を探していくというストーリーが展開。ゲームは全3部作になっており、有志による海外版も配信されています。

■嘘喰いドラゴンと朱色の吸血鬼

第1話では、エフィーナと彼女の保護者であるレオが、大きな秘密のある小さな町に辿り着くところから始まります。エフィーナは彼女の周りを取り巻く世界全てを新しいものとして発見していく中、その町に伝わる伝説が単なるお伽話ではないことが徐々に分かってきて……。

■嘘喰いドラゴンと紺碧色の夢喰い

第2話では、二人はカジノで危険の香りがする噂について調査しています。警備員になりすまし、無事今夜の宿を確保できた二人でしたが、せっかくの屋根の下もそんなに安全ではない流れになってきて……。

■嘘喰いドラゴンと黄金色の怪盗

最終話では怪盗の予告があった豪華な邸宅のパーティに招かれた二人だったが、これは単なる怪盗騒ぎではなかった。トラブルの間を駆けまわる内、エフィーナは主人公の過去、そして嘘についての真実に触れることに……。



今回アクティブゲーミングメディアより配信されるバージョンでは、3部作が1つのパッケージになっており、Steam版では「実績」「トレーディングカード」「英語/日本語」に対応。価格はPLAYISM:無料/Steam:298円です。



同社は今回の展開に関して「JRPG好きなゲーマーたちだけではなく、多くの人に愛されたLiEat三部作がとうとうPlayismに登場、しかも三部作が一つのパッケージとなり、STEAMキーも付属することでより遊びやすくなりました。ファントランスレーションを元に開発者様にご協力いただき、PlayismからLiEatを全世界に公開することができました。」とコメントしています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. DMM GAMES版『インペリアル サガ』事前登録開始―登録者には『ロマサガ3』限定エレンが貰える!

    DMM GAMES版『インペリアル サガ』事前登録開始―登録者には『ロマサガ3』限定エレンが貰える!

  2. 「LUX × 初音ミク」コラボCM公開!電子の歌姫がスカーレット・ヨハンソンと夢の競演

    「LUX × 初音ミク」コラボCM公開!電子の歌姫がスカーレット・ヨハンソンと夢の競演

  3. MMO『ツリーオブセイヴァー』OBTは8月24日から! 7次職など新たな追加要素も公開

  4. PC版『テイルズ オブ ベルセリア』『ゴッドイーターRE』発表、欧米向けにSteamで配信

  5. 『FE』を手がけた加賀昭三のフリーゲーム『ヴェスタリアサーガI』が9月21日公開

  6. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  7. キャラ同士を掛け合わせ子孫を繁栄させるSLG『一血卍傑』システム公開!組み合わせは自由、なぜなら“神様に性別はない”から

  8. 【特集】注目作『ツリーオブセイヴァー』ネクソンが運営する懸念と、ネクソンだからできる運営。キーマンが語る運営方針とは

アクセスランキングをもっと見る

page top