人生にゲームをプラスするメディア

「シカダ駄菓子」が六本木へと進出!「だがしかし」複製原画も展示

その他 アニメ

(C)2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子
  • (C)2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子
  • (C)2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子
2016年1月から放送中のテレビアニメが人気を博している『だがしかし』。本作に登場する駄菓子屋「シカダ駄菓子」が、このたび東京・六本木へと進出する。2月24日から3月23日までの一ヶ月限定で、「TSUTAYA BOOK STORE 東京ミッドタウン」内に「シカダ駄菓子 六本木店」をオープンした。

「シカダ駄菓子 六本木店」では、作品中に登場する「シカダ駄菓子」の店先を再現した。ファンには堪らない空間になりそうだ。
また会場には駄菓子をこよなく愛するヒロイン・枝垂ほたるの扉絵複製原画を集めた「枝垂ほたるファッションショー」も開催する。さらに、単行本購入者にはここでしか手に入らない期間限定のブックカバーを配布する。

『だがしかし』は2014年から『週刊少年サンデー』(小学館)に連載を開始したマンガが原作。『うまい棒』などの誰もが慣れ親しんだ駄菓子から、ちょっとマイナーな駄菓子まで、各回ごとにテーマとなる駄菓子が登場する。
駄菓子の開発秘話からあるあるネタ、果ては駄菓子と呼べるか微妙な商品に対してキャラクターが議論を交わすなど、とにかく駄菓子への飽くなきこだわりを描いている。なお、「シカダ駄菓子」は本作の主人公・鹿田ココノツの実家である。

本作は連載直後から人気となり、発売済みの単行本計4巻の累計売り上げは170万部を突破。アニメ化決定後は実際の駄菓子メーカーとのコラボレーションも盛んになり、『ブタメン』や『ベビースターラーメン』とのコラボ商品化が行われている。
ココノツとほたるのボーイ・ミーツ・ガール的な作風もその人気を支えており、扉絵複製原画目当てに足を運ぶ方も多いだろう。原作ファンにとっては、ぜひ一度訪れたいスポットとなりそうだ。

『だがしかし』
(C)2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

「だがしかし」のシカダ駄菓子が六本木店をオープン 複製原画も展示

《キャプテン住谷》

その他 アクセスランキング

  1. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

    「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  2. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  3. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

    【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  4. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  5. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  8. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  9. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  10. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

アクセスランキングをもっと見る