人生にゲームをプラスするメディア

2015年度「ゲームパブリッシャーランキング」首位はセガ…Metacriticが発表

その他 全般

 
  •  
  •  
Metacriticより、2015年度ゲームパブリッシャーランキングが公開されました。2014年度では任天堂がトップを飾ったこのランキングですが、第6回となる2015年度での王座を勝ち取ったのはセガ。次点は『Minecraft』『Borderlands』シリーズのスピンオフを手掛けたアドベンチャーゲーム界の雄・Telltale Games。続く3位には『Journey(風ノ旅ビト)』、『Bloodborne』の高評価が目立った SCEがランクインしています。

1位:セガ (前年圏外)
自社タイトル 14本
トータル数 17本
メタスコア平均 77.1

・総合ベスト
『3D Streets of Rage II』(3DS/89点)
・ベスト新規IP
『Tembo the Badass Elephant』(PS4/72点)
・総合ワースト
『Sonic: Lost World』(PC/54点)
・Metacriticユーザー評価
『3D Sonic the Hedgehog 2』(3DS/9.0点)

2位:Telltale Games (前年圏外)
自社タイトル 16本
トータル数 42本
メタスコア平均 74.6

・総合ベスト
『Tales From The Borderlands: Episode 5 - The Vault of the Traveler』(PS4/90点)
・ベスト新規IP
なし
・総合ワースト
『Minecraft: Story Mode - Episode 2: Assembly Required』(PS4/53点)
・Metacriticユーザー評価
『Tales From The Borderlands: Episode 5 - The Vault of the Traveler』(PC/8.7点)

3位:Sony (前年4位)
自社タイトル 24本
トータル数 24本
メタスコア平均 74.4

・総合ベスト
『Journey』(PS4/92点)
・ベスト新規IP
『Bloodborne』(PS4/92点)
・総合ワースト
『The Muppets: Movie Adventures』 (PS Vita/48点)
・Metacriticユーザー評価
『Bloodborne: The Old Hunters』(PS4/8.7点)

4位:Activision Blizzard (前年8位)
自社タイトル 21本
トータル数 36本
メタスコア平均 72.0

・総合ベスト
『Destiny: The Taken King』(Xbox One/89点)
・ベスト新規IP
『White Night』(PC/68点)
・総合ワースト
『Tony Hawk's Pro Skater 5』(PS4/32点)
・Metacriticユーザー評価
『Starcraft II: Legacy of the Void』(PC/8.4点)

5位:Devolver Digital (前年圏外)
自社タイトル 15本
トータル数 20本
メタスコア平均 73.5

・総合ベスト
『The Talos Principle』(PS4/88点)
・ベスト新規IP
『Downwell』(PC/84点)
・総合ワースト
『Hatoful Boyfriend: Holiday Star』(PS4/58点)
・Metacriticユーザー評価
『Duke Nukem 3D: Megaton Edition』(Ps Vita/8.3点)

6位:任天堂 (前年1位)
自社タイトル 31本
トータル数 32本
メタスコア平均 71.7

・総合ベスト
『Mario Kart 8 DLC Pack 2』(Wii U/90点)
・ベスト新規IP
『Splatoon』(Wii U/81点)
・総合ワースト
『Devil's Third』(Wii U/43点)
・Metacriticユーザー評価
『Mario Kart 8 DLC Pack 2』 (Wii U/ 9.2点)

7位:Electronic Arts (前年3位)
自社タイトル 14本
トータル数 27本
メタスコア平均 71.9

・総合ベスト
『Madden NFL 16』(Xbox One/84点)
・ベスト新規IP
なし
・総合ワースト
『NBA Live 16』(PS4/59点)
・Metacriticユーザー評価
『Need for Speed』(Xbox One/7.9点)
『The Sims 4: Get Together』(PC/7.9点)

8位:Bandai Namco Entertainment (前年7位)
自社タイトル 14本
トータル数 26本
メタスコア平均 69.5

・総合ベスト
『Dark Souls II: Scholar of the First Sin』(Xbox One/89点)
・ベスト新規IP
『Project CARS』(PC/83点)
・総合ワースト
『Godzilla』(PS4/38点)
・Metacriticユーザー評価
『Tales of Zestria』(PC/8.4点)

9位:Ubisoft (前年2位)
自社タイトル 20本
トータル数 39本
メタスコア平均 69.9

・総合ベスト
『Child of Light』(PS Vita/83点)
・ベスト新規IP
『Grow Home』(PC/75点)
・総合ワースト
『Far Cry 4: Escape from Durgesh Prison』(PS4/56点)
・Metacriticユーザー評価
『Toy Soldiers: War Chest』(Xbox One/8.3点)

2015年度Metacriticゲームパブリッシャーランキングが発表、セガが首位君臨

《subimago》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

    初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

  2. 【昨日のまとめ】手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表、モリガンのナースVer.フィギュア発売、『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破…など(9/30)

    【昨日のまとめ】手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表、モリガンのナースVer.フィギュア発売、『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破…など(9/30)

  3. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

    赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  4. なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

  5. モリガンのナースVer.フィギュア発売開始―やばい、妖艶すぎる…!

  6. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  7. 【特集】CGアニメ「RWBY」の魅力とは ― 凛々しく可愛い少女の成長を爽快アクションで

  8. 【昨日のまとめ】映画「君の名は。」がLINEスタンプに、「PS Plus」10月フリープレイに『バイオハザード HD』登場、CGアニメ「RWBY」の魅力とは…など(9/29)

  9. 『スーパーマリオブラザーズ』デザインのTカードが登場! ポイントを貯めて「ミニファミコン」を当てよう

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top