人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
  • 【レポート】『ブレス オブ ファイア6』課金は“追加報酬”に…「ガチャ売り上げの比重を下げたい」
カプコンは、iOS/Android/PCでの配信を予定しているオンラインRPG『ブレス オブ ファイア6 白竜の守護者たち』のメディア向け発表会を、秋葉原UDXにて2月4日に行いました。

「竜」の存在が大きな鍵を握るファンタジーRPGシリーズ『ブレス オブ ファイア』。これまで家庭用機向けに展開してきましたが、本作では大きく梶を切りモバイル端末およびPC向けのオンラインRPGとして登場します。


2013年に実施した「カプコン・ネットワークゲームカンファレンス」にて発表された本作ですが、このたびメディア発表会を実施。2月19日より開催される「ムラオサ先発テスト」および2月24日の正式サービスに向け、多彩な情報を公開しました。

発表会はまず、倉持由香さんや御伽ねこむさん、坂元由奈さんなどが、『ブレス オブ ファイア』シリーズに登場した歴代の“ニーナ”に扮したファッションショーで幕開け。麗しい雰囲気が、発表会に華を添えます。


続いて、本作のプロデューサーを務める杉浦一徳氏と運営プロデューサー・清川一郎氏が登壇し、本作の魅力や特徴などを紹介します。まずは、シリーズの特色を受け継ぐ「竜変身」にフォーカスし、その効果は「最大20秒の間、全パラメーターが300%アップ」と発表。また、本作独自の要素となる「スキルコネクト」も紹介されます。


「竜変身」を行うには“DP”と呼ばれるポイントが必要となりますが、この“DP”を効率よく貯めるには、スキルを連続して使う「スキルコネクト」が鍵となります。この「スキルコネクト」で“DP”を稼ぎ、タイミングを見極めて「竜変身」を発動。その力を使うことで、強敵を撃破しやすくなります。

また、こちらも見逃せないマルチプレイに関しても語られ、「4人での完全同期プレイ」「スタミナなしで何度でも遊べる」といった特徴を紹介。マルチプレイ限定の最強奥義で、ラスボス級の敵を瀕死にさせるほどのダメージを与える「古竜召喚」も、実際のプレイに際して目の離せないポイントとなるでしょう。


さらに、本作に関する要素が様々な角度から明かされ、いわゆるオンラインゲームにおけるロビーにあたる「城下町」は、本格的なオンラインゲームの設計思想を導入し、最大100名のムラオサが集結可能。また物語面に関しては、竜の歌に隠された秘密を紐解くストーリーを10万文字ものボリュームで綴るとのことです。

そして、シリーズファンにとって見逃せない点ともいえる「釣り」に関しても言及され、ルアー・釣り竿を本格実装。ビジュアル的な演出はもちろん、タイミングや駆け引きなどもゲーム性に盛り込まれており、こだわり抜かれた要素になっていることを伺わせます。


ここまではゲーム紹介という形でしたが、次はサービス概要に関しての発表へと移ります。android 4.2以降、iOS 8.0以降が最低動作環境となり、PCでは5~6年くらい前のものでもさくさく快適に楽しめるそうです。また課金に関する姿勢として、ガチャでの売り上げの比重を下げたいとし、本作独自の課金モデルが用意されました。

本作の課金要素として明かされた「ミッション追加報酬」は、ミッションをクリアした際に、無料で入手できる基本報酬とは別に、有料で入手できる枠も表示。報酬の内容も開示されているため、有料枠に欲しいアイテムがあった場合、それを入手するために有料アイテムを使うという形になります。


この「ミッション追加報酬」での売り上げを全体の50%にしたいとの考えも明かし、ガチャに当たる「竜結晶召喚」を35%、スタミナチャージを14%、アイテム所持枠とフェロー所持枠の拡張でそれぞれ0.5%という売り上げ比重を目指しています。なおスタミナに関してですが、前述の通りマルチミッションにスタミナは存在しませんが、シングルミッションにはあるとの説明も交えての解説となりました。

また本作はクロスプラットフォームに対応しており、PCや各スマートデバイス、またタブレットなどとプレイデータを共有することができます。朝の通勤通学時や昼のランチタイムにはスマートデバイスなどで、夜には自宅のPCで大画面プレイを楽しむといった、シチュエーションに合わせたスタイルが提案。清川氏が驚きの場所でプレイする映像もお披露目されました。



また、本作を待ち望んでいる方にとって特に見逃せない「ムラオサ先発テスト」の概要も明らかに。対象デバイスはPCとAndroid、期間は2月19日から2月23日までとなっており、誰でも参加可能なオープンβ形式となります。また正式サービス時にデータ引き継ぎが可能で、「ムラオサ先発テスト」参加して条件を達成したユーザーには、正式サービスで使用できる各種特典も用意。


■特典内容
・「仲間育成の妖精I×10」:フェロー育成時に経験値を多く獲得できる
・モンクロール(30分)×3:獲得ベース経験値が100&アップ
・最高レア度“★5フェロー”「アミリア」:遠距離型アタッカー


今後のスケジュールにも触れ、「ムラオサ先発テスト」終了の翌日となる2月24日に、PC/Android版の正式サービスを開始(iOSは3月以降に正式サービス開始予定)。また4月下旬には、大型アップデートを実施するといった展開も発表されました。

この大型アップデートでは、ギルド機能やギルド限定ミッションの実装、フェロー機能拡張、ストーリー追加などが予定されており、このほかにも様々な要素が準備に向けて進められているとのことです。


そして本作の紹介を締めくくるのは、多彩なコラボレーション情報。『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ヴァンパイアセイヴァー』、『デビルメイクライ』、『モンスターハンターフロンティアG』、『ロックマン』と、6つのタイトルとのコラボを発表。また、この他の大型IPとのコラボも予定しており、こちらの続報も気になるばかりです。


その後、イラストレーター・岸田メル氏からのビデオレターや、杉浦氏とDMM GAMES代表・片岸憲一氏のトークセッションなどが綴られ、正式サービス近づく本作への期待を高める発表会を締めくくりました。いよいよ本格始動を迎える『ブレス オブ ファイア6』、興味が湧いた方はまず、「ムラオサ先発テスト」にてその魅力に触れてみてはいかがでしょうか。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=axcObSWidbc


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=EE8Yoi34ohA


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=Vd5_4Ugm45s


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=OHf8GVD2ydg

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 『Back in 1995』新バージョンをハンズオン―3DS版はアップデート配信後に着手

    『Back in 1995』新バージョンをハンズオン―3DS版はアップデート配信後に着手

  2. MMORPG『Tree of Savior』9月28日より正式サービス開始―大ボリュームのアプデも実施

    MMORPG『Tree of Savior』9月28日より正式サービス開始―大ボリュームのアプデも実施

  3. 紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

    紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. まるでアーマード・コア!? スピード感溢れるロボットACTの体験版が配信中

  6. 『ファミコンウォーズ』風の国産SLG『TINY METAL』キックスターター始動

  7. Steam版『ネプテューヌ』が“ありえないレベル”で大好評、日本語版の制作も決定

  8. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  9. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  10. 『FE』を手がけた加賀昭三のフリーゲーム『ヴェスタリアサーガI』が9月21日公開

アクセスランキングをもっと見る

page top