人生にゲームをプラスするメディア

未来のクリエイターを創造するイベント「G@Ken」1月24日開催―登壇者には稲船敬二氏も

ゲームビジネス 人材

未来のクリエイターを創造するイベント「G@Ken」1月24日開催―登壇者には稲船敬二氏も
  • 未来のクリエイターを創造するイベント「G@Ken」1月24日開催―登壇者には稲船敬二氏も
日本クリエイター育成協会は、1月24日に秋葉原UDXにて次世代のゲームクリエイターを集めたイベント「G@Ken」を開催すると発表しました。

イベントは二部構成で、第一部ではゲーム業界を目指す若者を対象に、仕事の内容や持つべきスキル、どんな人材が適しているかなど、ゲーム業界で働くための情報を、業界の著名人から学ぶことができます。MCには声優の雪田将司さん、アニソン・ヴォーカル・アイドルユニットの「i☆Ris」から山北早紀さんが登場。

第二部ではゲーム業界で働くために、午前中は学校で不足しているスキルを磨き、午後からは職場で働くというワーキングアンドカレッジの取り組みに対する説明が行われます。

ワーキングアンドカレッジは文科省が検討しているデュアルシステムに基づいた、新たな教育システムに位置づけられているもので、今回のイベントは日本で初めて実現するデュアルシステムの事実的なスタートとなります。

◆イベントスケジュール


■第一部

17:00 ~ 17:20
【講演内容】
「業界の問題点と人材育成における課題と成果」
【登壇者】
フロム・ソフトウェア
プロジェクト推進セクション サブリーダー
大森 修史

17:20 ~ 17:50
【講演内容】
「ゲーム業界とはどんな仕事なのか?」
【登壇者】
日本マイクロソフト
デベロッパーエバンジェリズム統括本部
テクニカルエバンジェリスト
鵜木 健栄

日本マイクロソフト
グローバル・ゲーム・パブリッシング デベロッパー
マネージメント チーム チーム マネージャー
米倉 規通

17:50 ~ 18:20
【講演内容】
「仕事が楽しいゲーム業界」
【登壇者】
グリー
3Dゲーム/バーチャルリアリティコンテンツ開発スタジオ
Nautilus Production 副部長
今井 仁

18:20 ~ 18:30
休憩

18:30 ~ 19:10
【講演内容】
「ゲーム業界って?(トークショー)with雪田 & i☆Ris 山北」
【登壇者】
comcept
CEO/コンセプター
稲船 敬二

19:10 ~ 19:40
【講演内容】
「(ゲーム業界で働くために)今すぐ行動を起こせ!」
【登壇者】
クリプトン・フューチャー・メディア
モバイルコンテンツチーム マネージャー
キャラクターライセンス デジタルコンテンツ渉外担当
熊谷 友介


■第二部

20:00 ~ 20:30
【講演内容】
「ワーキングアンドカレッジの説明会」
【登壇者】
早稲田文理専門学校
副校長
丸山 一彦


イベントへの申し込みはこちら
《末永 拓也》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

    昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  2. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

  8. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  9. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る