人生にゲームをプラスするメディア

Oculus代表がバーチャルボーイに言及、「VR業界にとっての長期的損害だった」

ゲームビジネス VR

 
  •  
  •  
Redditで開かれた「Ask Me Anything」スレッドにて、Oculus VR社代表パーマー・ラッキー氏が任天堂製ハードバーチャルボーイについて言及しました。ゲーム業界に与えた影響や販売記録には厳しい批評を見せながらも、当時の技術力に注目するコメントを語っています。

Oculus Rift予約受付のスタートに際して開かれたこの「AMA」の中で、ラッキー氏は「ヘッドトラッキング機能が実装されておらず、FoV(視界の広さ)も低い。実質的にはモノクロ3Dテレビのようなものです」とコメント。続けて同氏はバーチャルボーイの失敗について「本当に残念なことです。バーチャルボーイとVRから連想されるものは、業界にとって長く続く損害になってしまったのですから」と述べています。

任天堂が1995年に世に送り出した初の3Dゲーム機を「損害」と評したラッキー氏ですが、一方で「しかしながら、(バーチャルボーイ)は初めてLEDディスプレイを搭載した家庭用機でした。しかもその当時の時点で最高のコントラストを備えていたのです!」と、そのグラフィックス性能を賛辞。Oculus Riftを始めとするVRデバイスとは実質的な機能面において大きな差があるものの、Oculus VR社代表としての彼が注目したバーチャルボーイの存在感は、海外Redditユーザーにとっても印象深い内容となったようです。

Oculus代表がバーチャルボーイに言及―「VR業界にとっての長期的損害だった」

《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  3. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

    【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  4. 【DEVELOPER'S TALK】ネットワークをフル活用!『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』の挑戦を実現した開発スタイルとは?

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. はてなが上場、売上先は任天堂が3割

  7. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top