人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita版『真・三國無双7 Empires』発売決定!クロスセーブ/クロスプレイに対応

ソニー PSV

争覇モード 軍略画面
  • 争覇モード 軍略画面
  • 争覇モード 軍議画面
  • イベントシーン「婚礼」
  • イベントシーン「引退と継承」
  • 大火計準備
  • 大火計発動
  • 秘計カード
  • エディット武将の作成
コーエーテクモゲームスは、PlayStation Vitaソフト『真・三國無双7 Empires』を発売すると発表しました。

『真・三國無双7 Empires』は、一騎当千の爽快アクションと“国取り”のシミュレーション要素の両方が楽しめる「Empires」シリーズの最新作です。プレイヤーは三国時代を生きる英傑となって、政略や戦闘を行いながら三国統一を目指します。天候や時間によって変化する戦場など、これまでのシリーズにはなかった新要素も多数導入されています。PS Vita版は、好評発売中のPS4/PS3/Xbox One/Windows版の移植作となります。


ユーザーからの多数の要望を受け、PS Vita向けに本作の発売が決定しました。発売日・価格は現在のところ未定です。PS Vita版は、他のプラットフォームで発売されている『真・三國無双7 Empires』の移植作であることに加えて、一部PS Vita版ならではの機能を搭載。携帯型ゲーム機での快適なプレイを実現しました。

■タッチスクリーンを使った直感的な操作
「馬呼び」や「覚醒状態」などのアクション操作は、前面タッチスクリーンを使って操作できるようになりました。また「秘計」は、カード選択から実行までの全操作をタッチで行えるようになっており、PS Vitaのタッチスクリーンを活かした直感的な操作でプレイできます。

■近くの友だちとアドホック通信で協力プレイ
アドホック通信を利用した2人協力プレイに対応しています。「争覇モード」での戦いや、「フリーモード」での難易度が高いチャレンジシナリオなどを、友だちと協力して攻略しましょう。

■PS4/PS3版との連動機能
PS4版とPS3版、さらにPS Vita TVとのクロスセーブやクロスプレイに対応しています。また、PS4やPS3で入手済みのダウンロードコンテンツは、PS Vitaでは無料でダウンロードできるなど、すでにプレイしている人のプレイ環境を考えた配慮がなされています。

尚、初回特典は他のプラットフォームと同様「郭嘉&関銀屏」「伊達まシャムね」「天狐」なりきりエディットパーツのダウンロードシリアルを予定しています。

プレイ環境を選ばずに、長くじっくりとプレイしたい「Empires」シリーズ。PS Vitaで外出先でも国盗りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

PS Vita版『真・三國無双7 Empires』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『地球防衛軍5』はどこが進化し、『しあわせ荘の管理人さん。』はなぜこのグラフィックで、『スクールガールゾンビハンター』はなぜ服が破けるのか

    【インタビュー】『地球防衛軍5』はどこが進化し、『しあわせ荘の管理人さん。』はなぜこのグラフィックで、『スクールガールゾンビハンター』はなぜ服が破けるのか

  2. 『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』 発表会が開催―ゲーム紹介から出演者によるトークショーまで

    『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』 発表会が開催―ゲーム紹介から出演者によるトークショーまで

  3. 『テイルズ オブ ベルセリア/ゼスティリア』25%OFFセールがPS Storeで開催中、TVアニメ「ゼスティリア ザ クロス」第2期決定記念として

    『テイルズ オブ ベルセリア/ゼスティリア』25%OFFセールがPS Storeで開催中、TVアニメ「ゼスティリア ザ クロス」第2期決定記念として

  4. キャラのパンツは毎日変わる!?『夏色ハイスクル』の学園生活について、理事長にインタビューした

  5. 『薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会』PV公開―これがパズル・リズム遊戯か!

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 「PlayStation VR」3次予約受付開始―これが最後の予約チャンス

  8. 『ペルソナ5』本日発売! 無料を含むDLCや不具合修正パッチの配信を開始

  9. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  10. 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界

アクセスランキングをもっと見る

page top