最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
米国任天堂社員がPodcastに登場、仕事についてオープンに語る

米国任天堂社員がPodcastに登場、仕事についてオープンに語る

2015年8月5日(水) 22時30分
  • Chris Pranger氏の画像
    Chris Pranger氏

任天堂でローカライズを担当しているChris Pranger氏がPodcastの「Part-Time Gamers」に登場し、同社に関する興味深い話をオープンに語りました。

Pranger氏によると、任天堂のメディアポリシーに最近変化があったようで、ネタバレに関すること以外は、以前と比べてオープンになったとのこと。 以前は任天堂社員がPodcastに登場して、仕事について語るということは、できなかったようです。

この放送の中でPranger氏は、米国任天堂が内部スタッフを同社のゲームで声優として使っていることを明かし、彼自身も2015年のWii Uソフト『スターフォックス ゼロ 』の最初のステージのボスの声を担当したと語っています。 このような試みは、制作コストを抑えると共に、社員にとっては楽しみのひとつになっているようです。

また任天堂は、全てのハードのゲームソフトを遊べるゲームライブラリーを社員に提供しているとのこと。 これは社員をゲーム通にするためで、Pranger氏自身もこのサービスを利用して、『バイオショック インフィニット』をプレイしたと語っています。

そのほかにも、桜井氏はファンからのフィードバックに非常に敏感で、彼の制作するゲームのためには自分自身をも犠牲にしかねないという話や、RPGなどのローカライズには、皆が思っているより高い費用がかかるなど、オフレコぎみの話が飛び出す一コマも。

任天堂で働く生の社員のトークは、ファンたちにとって興味深い内容だったようです。

(Article written by 菜種)
評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

任天堂アクセスランキング