人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂社員がPodcastに登場、仕事についてオープンに語る

任天堂 その他

Chris Pranger氏
  • Chris Pranger氏
任天堂でローカライズを担当しているChris Pranger氏がPodcastの「Part-Time Gamers」に登場し、同社に関する興味深い話をオープンに語りました。

Pranger氏によると、任天堂のメディアポリシーに最近変化があったようで、ネタバレに関すること以外は、以前と比べてオープンになったとのこと。 以前は任天堂社員がPodcastに登場して、仕事について語るということは、できなかったようです。

この放送の中でPranger氏は、米国任天堂が内部スタッフを同社のゲームで声優として使っていることを明かし、彼自身も2015年のWii Uソフト『スターフォックス ゼロ 』の最初のステージのボスの声を担当したと語っています。 このような試みは、制作コストを抑えると共に、社員にとっては楽しみのひとつになっているようです。

また任天堂は、全てのハードのゲームソフトを遊べるゲームライブラリーを社員に提供しているとのこと。 これは社員をゲーム通にするためで、Pranger氏自身もこのサービスを利用して、『バイオショック インフィニット』をプレイしたと語っています。

そのほかにも、桜井氏はファンからのフィードバックに非常に敏感で、彼の制作するゲームのためには自分自身をも犠牲にしかねないという話や、RPGなどのローカライズには、皆が思っているより高い費用がかかるなど、オフレコぎみの話が飛び出す一コマも。

任天堂で働く生の社員のトークは、ファンたちにとって興味深い内容だったようです。
《菜種》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  4. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  5. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  6. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  7. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

  8. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  9. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top