人生にゲームをプラスするメディア

バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

ゲームビジネス 開発

「カタログIPオープン化プロジェクト」対象17タイトル
  • 「カタログIPオープン化プロジェクト」対象17タイトル
  • ゼビウス
  • マッピー
  • ギャラクシアン
  • 黒子スタイル with ナムコキャラクターズ!(インプラス)
  • ピクセルスーパースターズ(SAT-BOX)
  • マッピー カジュアルアクションゲーム(オートクチュール)
  • ゲーミングダイエット 体脂肪パックマン(KIT)
バンダイナムコエンターテインメントは、『パックマン』など17タイトルのIPを開放する「カタログIPオープン化プロジェクト」について、個人クリエイター向けの新たな施策を発表しました。

バンダイとナムコの統合10周年を記念して2015年4月より開始された「カタログIPオープン化プロジェクト」は、『パックマン』や『ゼビウス』など、バンダイナムコエンターテインメントがこれまで展開したカタログIP(オリジナルIP)17タイトルを国内のクリエイターに開放する二次創作を支援する企画です。


これまで展開していた法人向けプログラムは、100社を超える企業からエントリーされ、50件を超える企画がすでに審査を通過するなど、発表当初よりも大きな反響を呼んでおり、ゲームに限らずさまざまなコンテンツのアイデアが寄せられています。ケイブやコトブキソリューション(ケムコ)など、ゲーム制作の大手が参加している点にも注目です。


◆企画審査を通過した法人と企画名


・Dodge & Dush パックマン ver(アズアンドコー)
・黒子スタイル with ナムコキャラクターズ!(インプラス)
・ドルアーガ大富豪の塔(エム・ビー・エーインターナショナル)
・バトルシティー・ディフェンス(アイランド)
・ピクセルスーパースターズ(SAT-BOX)
・ゼビウス カジュアルシューティングゲーム(オートクチュール)
・マッピー カジュアルアクションゲーム(オートクチュール)
・バンダイナムコ オールディーズオールスターズ on EF-12(クアッドアロー)
・脱出推理アプリ「VAMPIRE HOLMES」×パックマン(CUCURI)
・ゲーミングダイエット 体脂肪パックマン(KIT)
・ゴシックは魔法乙女×カタログ IP コラボ(ケイブ)
・パックマン きせかえ(コトブキソリューション)
・リベンジ TO マッピー(鈴屋)
・バンナムカジュアルパズルプロジェクト(テコテック)
・the Dash of DRUAGA(D.C.T.)
・Ghost Revenge(Digital Frontier)
・パックマンが先生に?!イマキクで楽しく学ぼう(天問堂)
・パックマン vs 仲間たちの爆裂レーシング(V3)
・ナムコオールスターリズムランド(V3)
・ゼビウスカジュアルゲーム(フラットビットスタジオ)
・ドルアーガの塔外伝 クオックスの乙女(プロファイア)
・パックマンでモバイル e スポーツを楽しもう!(ワンダーリーグ)
・それゆけ!ワギャコプター(ザイザックス)
・とっとこダンジョン & ドルアーガの塔 コラボ企画(room6)
・無料アプリ『コミコミ』にてコンテンツ配信企画(コミック・コミュニケーション)
・ビート&マジシャンズ×カタログ IP コラボ(チーム EGG)
・HTML5 クロスプラットフォームカジュアルゲーム企画(BoosterMedia Japan)
・ゼビウス3D for スマートフォンプロジェクト(クリエイトウェーブ)
・ゼビウス地方創生@ 魚沼大陸(パパイヤ電池開発)

※通過企業の一部を掲載しています。
※企画名はすべて仮称です。
※画像はイメージです。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

これらの法人向けに続いて、個人クリエイター向けの支援施策が新たに発表されました。これに施策により、さらに多くの個人のアイデアが実現できるようにバックアップ体制を強化します。


◆個人クリエイター向けの3つ新施策


【1】公認クリエイター制度
エントリーすることで、国内個人クリエイターがカタログIPを活用したコンテンツの公開が可能となります。尚、エントリー完了にはバンダイナムコエンターテインメントによる簡単な審査があります。

【2】学校法人プログラム
学校法人として「カタログIPオープン化プロジェクト」にエントリーすることで、授業におけるカタログIPの活用や、学生が制作したコンテンツの公開が可能となります。

【3】カタログIP×GameJam
カタログIPをテーマに限られた時間内でアイデアを出し合い、コンテンツ開発を行うイベント「GameJam」を今秋実施する予定となっています。「カタログIPオープン化プロジェクト」では、通常実施していないIP素材提供が行われ、コンテンツ制作に活用できます。
※「GameJam」の詳細は夏頃に発表を予定しています。

プログラムの実施時期や詳細は、「カタログIPオープン化プロジェクト」公式サイト(http://open.channel.or.jp/)にてご確認ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

【プロジェクト対象タイトル】(2015年7月3日現在)

・ギャラガ
・ギャラクシアン
・源平討魔伝
・スカイキッド
・スターラスター
・ゼビウス
・ディグダグ
・ドラゴンバスター
・ドルアーガの塔
・パックマン
・バトルシティー
・バベルの塔
・マッピー
・妖怪道中記
・ワギャンランド
・ワルキューレの冒険 時の鍵伝説
・ワンダーモモ

懐かしのゲームIPを利用した新たなコンテンツのアイデアが閃いた個人クリエイターの方は、ぜひ公式サイトをチェックして、公認クリエイターなどにエントリーしてみてはいかがでしょうか。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

    【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  6. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 【CEDEC 2013】リワード広告でアプリへの導線を作れ!スマートフォンアプリのグローバル動向とこれからの成功の秘訣

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

アクセスランキングをもっと見る

page top