最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
アーマード・コア「MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様」発売決定…待望のタンク型機体が遂に立体化

アーマード・コア「MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様」発売決定…待望のタンク型機体が遂に立体化

2015年4月19日(日) 11時00分
  • MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様の画像
    MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様
  • MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様の画像
    MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様
  • MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様の画像
    MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様
  • MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様の画像
    MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様
  • MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様の画像
    MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様
  • MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様の画像
    MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様
  • MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様の画像
    MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様

壽屋は、プラモデル「MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様」を8月に発売します。

「MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様」は、「アーマード・コアV ヴァリアブル.インフィニティ.」シリーズ初のタンク型機体です。全長22cmに及ぶ圧倒的なボリュームとハイディテールな造形が特徴のキットとなっています。

新規造形となる頭部と脚部はゲーム中同様の高密度感を忠実に再現。履帯パーツには軟質性のプラ素材が採用されており、リアルな質感と組み立てやすさが両立しています。

付属品として、lオートキャノン「AM/ACA-127」×2とオーバード・ウェポンの接続に対応した専用アタッチメント、V.I.シリーズ以外のコアパーツが接続可能になるアタッチメントパーツが付いてきます。砲身部には折り畳みギミックが存在。パーツ差し替えでSHOULDER UNIT使用時の形態も再現できます。

頭部、コア、腕部、脚部の各部位はゲーム中と同様に組み換えが可能なため、ACV V.I.シリーズの機体と組み合わせて、様々なカスタマイズを楽しむことも出来ます。なお、脚部を除きACV V.I.シリーズ以外のV.I.シリーズ商品との互換性はないとのことです。

◆商品概要


■商品名:MATSUKAZE mdl.2 拠点防衛仕様
■商品サイズ:1/72スケール、約220mm
■販売価格:18,800円(税抜)
■発売日:2015年8月

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

さらに、コトブキヤ直営店(秋葉原館、大阪日本橋、オンラインショップ)で購入すると、特典として「サンドカラーのハングドマン頭部と脚部が再現できるアペンドパーツ」がプレゼントされますのでお見逃しなく。

(C)2015 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)1997-2013 FromSoftware , Inc. All rights rserved.

(Article written by ひびき)
評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

その他アクセスランキング