人生にゲームをプラスするメディア

脳卒中治療用の新たなビデオゲーム、モーションセンサーでリハビリを

その他 全般

 
  •  
以前にも、能卒中患者の治療にグローブ型コントローラーと音楽ゲームを用いた臨床試験が行われていることをお伝えしましたが、新たなアプローチで開発されている脳卒中患者向けの治療用ゲームが米メディアにより報じられました。

ニューヨークの医療団体Burke Medical Research Instituteが開発した新しい医療用ゲームは、モーションキャプチャーセンサーを活用したゲームで、患者は手のジェスチャーでゲーム内の飛行機を操作することにより、リハビリ治療が行えるとしています。また、継続してプレイすることで認知力の向上も望めると開発者のDavid Putrino博士は述べています。

アメリカでゲームを用いた医療技術が増えているのは、年配の患者が比較的簡単に運用することができ、自宅のPCを活用できるという利点を活かしたものである一方、高騰する医療費が原因でリハビリ治療が受けられない患者へ向けた動きであるようにも見受けられます。

どちらにせよ、ビデオゲームが娯楽だけでなく、医療分野や他の分野に広く活用されている動きは歓迎できるのではないでしょうか。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

    【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

  2. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

    PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  3. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

    【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

  4. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  5. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  6. 【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  9. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る