人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスがジー・モードを子会社化へ ― オンラインゲームの開発体制を強化

ゲームビジネス その他

マーベラスは、ジー・モードの株式を取得し子会社化すると発表しました。

ジー・モードはケータイ向けアプリの黎明期からゲームコンテンツを提供する老舗メーカーです。数々のケータイ向け定番ゲームを世に送り出し、近年はMobageやGREEといったソーシャルゲームや、iOS/Android向けのスマートフォンアプリなどにもコンテンツを展開していました。2014年3月にONE-UPに吸収合併され、旧ジー・モードは消滅していますが、ONE-UPが社名をジー・モードに変更。旧ジー・モードの業務を引き継ぐ形で、アプリなどの開発体制を構築してきました。

マーベラスは、ジー・モードを子会社化することで、グループの主力事業であるオンライン事業の開発体制をより一層強化し、企業価値の増大を図りたいとしています。

【異動する子会社】
■名称:株式会社ジー・モード
■代表者:代表取締役社長 荒木恵治
■事業内容:オンラインゲームの企画・開発・運営
■資本金:1億円
■設立年月日:2006年6月14日(株式会社ジョイン、2008年5月にONE-UP株式会社に社名変更)
■大株主(持株比率):
  中山隼雄(74.66%)
  株式会社アミューズキャピタル(10.13%)
  中山晴喜(10.09%)


【日程】
 2015年3月13日 取締役会決議
 2015年3月13日 契約締結日
 2015年4月1日(予定) 株式譲渡日

本株式取得に伴う平成28年(2016年)3月期のマーベラス社グループ連結業績見通しへの影響については、平成27年(2015年)3月期決算発表と合わせて公表予定の平成28年3月期当社連結業績予想の中に織り込まれる予定となっています。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  6. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  7. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  10. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

アクセスランキングをもっと見る

page top