人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】UE4とOculusで「ホビット 竜に奪われた王国」の一場面に立ち会える「Thief in the Shadows」を体験

ゲームビジネス 開発

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
  • (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
  • クローズドシアターで体験できる
  • 「Thief in the Shadows」
  • Epic Gamesブースの様子
エピック・ゲームスとエヌビディアは、GDC 2015に合わせて、映画「ホビット 竜に奪われた王国」(The Hobbit: The Desolation of Smaug)の一シーンを再現したデモ「Thief in the Shadows」を公開しました。

このデモはエピックのUnreal Engine 4、エヌビディアが新たに発表したハードウェア「GeForce GTX TITAN X」、Oculus Riftの最新プロトタイプ「Crescent Bay」、そして映画本編を制作したWeta Digitalのコンビネーションによって制作されたもので、プレイヤーは邪悪なドラゴン、スマウグの大迫力をVRで体感する事が出来ます。



「Thief in the Shadows」は映画の素材をリダクションしたアセットで制作されたということで、まさに映画の中に入ったかのようなクオリティで、360度のVR体験ができます。

ここは洞窟の中。目の前には宝箱。その背後にはコインで出来た山が。身を乗り出して宝箱を見ると、木目まで仔細に再現されている事が分かります。そして微かな振動から始まり、次第に大きくなる揺れ、コインの山からスマウグが巨体を見せます。プレイヤーの様子を伺うようにその巨体を揺らしながら周囲を歩きまわり、最後の瞬間、燃え盛る炎を主人公に向けて―――。



僅か数分の体験時間でしたが、スマウグの迫力におののき、後ずさりをするような体験でした。VRがあれば映画の世界の中に立ち、体験できる、言葉では分かっていたものが体で実感できた瞬間でした。ますますVRの時代が楽しみになってきました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  2. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  3. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

    SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  4. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  9. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  10. ゲーム業界で転職したい人へ・・・リクルートキャリアに聞く(後編)

アクセスランキングをもっと見る

page top