最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
北米でNew 3DSを発売しない理由とは―米任天堂シニアマネージャーが語る

北米でNew 3DSを発売しない理由とは―米任天堂シニアマネージャーが語る

2015年2月19日(木) 09時00分

日本では2014年10月に、欧州でも先週リリースされたNew 3DS/New 3DS LLですが、北米ではNew 3DS LL(海外ではNew 3DS XL)のみ発売となりました。Nintendo of AmericaのDamon Baker氏は、この判断に至った経緯について海外メディアへ説明しています。

シニアマーケティング/ライセンスマネージャーを務めるBaker氏はNintendo Lifeの質問に対し、「フェースプレートは凄く格好良いけど、(北米は)市場が違う」と回答。「3DSと3DS XLにはサイズ以外に大きな違いはなかった。しかし、今は2DS、3DS、New 3DS XLとそれぞれが異なる特徴を持っている」と、特徴の異なるハードが揃っていることを説明。その上で、コアなユーザーへ訴求するのではなく、ユーザーを拡大するために購入者が選びやすいマーケティングを行っている、と加えています。

ゲームへの関心度が高いユーザーにとっては旧3DSとNew 3DS、旧3DS LLとNew 3DS LLの違いが明瞭かもしれませんが、ライトユーザーにとってはわかりにく部分もあるかもしれません。北米での携帯ゲーム機の需要については日本ほど高くはありませんが、それでも魅力的なタイトルの牽引もあってか普及率が上がっている模様。敢えてNew 3DSをリリースしないことで、購入者へ新商品のアピールが単一化され、わかりやすく訴求できるのかもしれません。
記事提供元: Game*Spark

(Article written by Game*Spark)
評価の高いコメント
  • 2015年2月19日 16:50:00 ID: EXb0Vn9nOLiA
    1 なまえがありませんさん
    通報する

    モナドの着せ替えプレートのツイートに海外勢が欲しい欲しいって残念がってたしリリースくらいしてもいいと思うけどなあ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

任天堂アクセスランキング