人生にゲームをプラスするメディア

『マインクラフト』トルコで「暴力的ゲーム」として審査中、規制の可能性も

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

『マインクラフト』トルコで「暴力的ゲーム」として審査中、規制の可能性も
  • 『マインクラフト』トルコで「暴力的ゲーム」として審査中、規制の可能性も
  • 『マインクラフト』トルコで「暴力的ゲーム」として審査中、規制の可能性も
想像力次第で、色々な楽しみ方ができるボクセルベースのサンドボックス『Minecraft』。本作がトルコ共和国で「暴力的なゲーム」として審査を受けていると、同国メディアが伝えました。

トルコのメディアHaberturkによると、同国の家族・社会政策大臣Aysenur Islam氏に対して行われた記者会見で、ジャーナリストから「有名な『Minecraft』というゲームでは、プレイヤーが他のプレイヤーを殺すことでポイントを得られる。そのような暴力的なゲームに対して、調査を行っていますか?」という質問が投げかけられたとのこと。

Aysenur Islam氏は、その質問を受け『Minecraft』の調査を行うことを決定しました。調査の結果、暴力的なゲームであると判定されれば、トルコ政府は『Minecraft』を規制する可能性もあります。


今回の件に対して、トルコの専門家からは様々な意見が述べられています。

トルコのゲームメディアLeaderGamerは「政府の懸念は見当違いだ」とし、「トルコのゲーム業界に悪影響を及ぼし、失速させる」と伝えました。

また、児童青年精神科医教授のEmine Sword Zinner氏は、『Minecraft』について「サバイバー(TVシリーズ)のようなものだ」と語り、仮想世界で生き残るための苦労をし、開発を通じて自分の望む世界を確立するツールだと述べています。

一方で心理学者Alanur Ozalp氏は、「『Minecraft』のようなゲームが子供に悪影響を与える」と語りました。同氏は「子供はゲームと現実世界を区別しない」と延べ、「ゲームで動物を倒すとき、彼らは動物が苦しむことは無いと思います。その結果、単に動物ではなく、彼らの友人に残酷になるでしょう」と説明しました。

ヨーロッパの大半の国で7歳以上、アメリカでは10歳以上というレーティング評価を受けている『Minecraft』。英国では学校教育の現場でも利用されています。本作がトルコでどういった判断が下されるのか、注目が寄せられています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 「GREE」版『グランブルーファンタジー』7月12日サービス開始、事前登録受付が実施中

    「GREE」版『グランブルーファンタジー』7月12日サービス開始、事前登録受付が実施中

  2. 90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

    90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

  3. 『しんけん!!』と『刀剣乱舞』の関係をDMMに訊いた…「闇堕ち」などの設定にも注目

    『しんけん!!』と『刀剣乱舞』の関係をDMMに訊いた…「闇堕ち」などの設定にも注目

  4. 『RPGツクール MV』では近未来・SF・現代・軍事・ホラーの素材を収録!点数は200%以上増量

  5. DMM新作は戦車×美少女!戦車娘を集めるRPG『機動戦車チハたん』発表

  6. Steamサマーセール開幕!閃乱カグラ、斑鳩、KOF、ウィッチャー3、Fallout 4、AKIBA'S TRIP2など

  7. 理系合大学SFホラーADV『マルスコード』Steamで配信開始!主人公は細菌研究のために来日した留学生

  8. 『MHF-G』に「イビルジョー」「ロックオンカメラ」実装決定!さらに“ヤマツカミ”ならぬ「ヤマクライ」の情報も

  9. MMO『ツリー オブ セイヴァー』職業を紹介するPV第2弾公開、発表会&第2回体験会の参加者募集も開始

アクセスランキングをもっと見る

page top